« 遊び、過ぎたかな? | トップページ | 五十肩その後。 »

2007年9月 4日 (火)

ニワトリと一緒

ある人のブログに、チャボを肩に乗せて、自転車に乗っているおじさんが写真に撮られていた。

こんな写真が撮れるなんて、素晴らしいとしか言いようがない。

そこで、コメントに、果たして鳥は懐くのか?と書かれてあった。

    **ニワトリと少女**

これは、私の幼い頃の、実体験である。

今は知らないけど、昔はお祭りの屋台で、ヒヨコが売られていた。

オスばかりなんだけど、時にはメスも混じっていることがある。

私の兄が、一匹買って来て、庭に巣っこを作り、餌は私が農協から、30円分とか、買ってきて食べられる雑草と混ぜてあげていた。

どんどん大きくなって、私が学校から帰ってくると、遊ぼうと言って、巣っこの中でバタバタする。

出してやると、嬉しいのか、私の肩に乗ったり頭に乗ったり、歩けばどこでもついてくる。

散歩に山へ行けば着いてくるし、走ればバタバタ追っかけてくる。

呼べば、どこにいても飛んできて、肩に乗り、ニワトリがヘェ~って言うくらい懐いていた。

知らない友達が、ある日私を見たのだそうな、ニワトリを抱く少女、変わった子がいるよ。

とんじーが好きだから、採ってあげたよ。(とんじ→カゲロウの幼虫)

メスだったから、卵も産んでくれてね、「いいこ、いいこ」って口ばし撫ぜてあげると、目を細めていたよ。

可愛くって、可愛がっていたけど、死んじゃう日がきたの。

私が、悪かったかもしれない、何時もあげる草の中に、悪いもんが混じっていたのかも・・・

それから、いっぱい泣いて、お墓作って・・・

兄も泣いて泣いて・・・・・

私が、小学3年生頃の、悲しい思い出です。

ニワトリが友達だった、山の中に住んでいた、少女(私)の思い出です。

50年振り、思い出したあの子も、お空で待っててくれるかな。

あと、30年経ったら、行きます。

« 遊び、過ぎたかな? | トップページ | 五十肩その後。 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニワトリと一緒:

« 遊び、過ぎたかな? | トップページ | 五十肩その後。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ