« プチオフ会&お見舞い♪ | トップページ | 孫と一緒にウォーキング »

2008年10月25日 (土)

柿ノ木とおばあさん

セカンドハウスに初めて来た頃、家の前を通る、腰が90度に曲がったおばあさんによく出会いました。

家が近所で、山側をちょっと借りて野菜をつくっている姿も何度も見ました。

今時、こんなに曲がった腰・・・・苦労してるんだな・・そう思わせる人でした。

顔はつるっとしたきれいなおばあちゃんで、お話しする機会に恵まれたとき、「いくつですか?」と尋ねたら、「70歳」だと。

孫と一緒に暮らしていて、野菜ばかりじゃなく美味しいものを食べさせてあげたいと、この買い物不自由な土地で、毎日電動自転車で、山を下りたところのスーパーまで行っていました。

018 おばあちゃんの柿の木。

                   

                

           

           

           

                  

野菜の抜き菜、いちご、おもちゃ、絵本・・・それから娘は嫌がっていたけど、朝起き会で知られるあの宗教のあの雑誌をよく持ってきました。「○風」

可愛い猫を2匹飼っていて、やさしい中学生の孫がいて、元気な小学生の孫がいて、いろんなものに感謝しながらの生活をしていました。

私も来るたびに、話をしたり、それなりの付き合いをしていたのだけど、ここ最近、何度もセカンドハウスに来ているのに、一度も姿をみていませんだした。

家の前には、壊れた自転車・・・・・・・・。

                         

孫の子供も、お散歩をしたこともあり、猫と遊んでるときはそばにいたから、よく知っていたけど、見かけなくなりました。

                        

こうした町には、アンテナのようなおばあさんがいて、町のことは何でも知っている放送局、お散歩途中を捕まえて、聞いてみることにしました。

「あのばあちゃんな、自転車に足が挟まってな、転んで頭をぶったんや、そいで、首の骨3つ目かな折れて、立てれんようになった・・・入院していたけど、今は老人ホームに入っとる。」

そうな・・・・・・・。

                        

おばあさんの畑、草がぼうぼうに生えて、自然に帰っています。

この柿、下草を刈って肥料をやり、覆いかぶさっている葛のつるを取り払い、大切に面倒をみていたけど、今年は誰も世話をしなくて、きれいな実だったのに、色が着かなかったり虫食いだったり、食べられるような状態じゃなくなりました。

おばあさん、柿の実を見たら思い出すでしょうか?

                         

腰は曲がっていたけど、元気なおばあさんでした。

一日中動いていた生活から、今は寝たきり・・・・

                       

突然、会えなくなって寂しい思いをしています。

                         

                         

« プチオフ会&お見舞い♪ | トップページ | 孫と一緒にウォーキング »

セカンドハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿ノ木とおばあさん:

« プチオフ会&お見舞い♪ | トップページ | 孫と一緒にウォーキング »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ