« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

一年、ありがとうございました。

早いですね。

もう大晦日です。

一年、振り返ってみても、今年は病院と縁が切れない年でした。

手術のあとの経過、抗がん剤の副作用、私にとって、初のガンを患ったときより、身体へのダメージは大きかったようです。

今も、イマイチはっきりしない状態、年明けに病院へ行かねば・・・・・・

胆石の症状なのか、他の病気なのかよく分かりません。

                                              

今朝は、少しだけど雪が舞いました。

寒さが厳しい朝でした。

                                             

少しばかりのお正月料理を作りました。

夫婦だけ、そんなに食べる我が家じゃないし、多くはいりません。

それにしても、食品のお値段上がっていてビックリ、お正月前になると、どうして高くなるんでしょう?

                                          

                                              

今年は、いろいろ応援してもらったり、お世話にもなりました。

皆さん、ありがとう!

感謝します。

来年も、まだまだ元気印は出ないと思うけど、それでも頑張るからね。

よろしくお願いいたします。

本当にありがとう!

最後に、良い年を迎えられますようお祈り申し上げます。

                                             

                                              

2010年12月27日 (月)

体調くずし、しばし休暇

25日の昼から、胃のあたりが痛み出し、アリエッタ、ムコスタ、ロキソニンなどにお世話になっていました。

夜には、せっかく食べた少しばかりの御馳走も、すべて戻し、熱も私としては大したことはないけど、37・8度まで上がりました。

26日は、どうにか起きられて、パンを一枚食べ、何時もの薬を飲んで、ゆっくりしていたけど、昼ごろには床上げをして、また炬燵にもぐっていました。

もう大丈夫でしょう!

                                                  

クリスマスイブから、外の景色が変わってしまいました。

辺り一面白い世界なのに、空からはどんどん冬の使いが降りてきます。

015

雪を踏んでみたところです。

011

スミレの鉢もかき氷みたいに山が出来ています。

010

家からみた外の風景。

これからは、こんな毎日が続くのですね。

                                               

27日、痛みはとれたし、歩けないこともないので、愛知に帰ります。

早く帰らないと、年賀状が書けません。

じつは、住所録だけ持ってきて、今年の年賀状をわすれてきたのです。

あ~~~~ぁ何時も忘れもんがあるんだなぁ~~~。

それじゃ今から支度をします。

お次の更新は愛知からですよ。

                                             

                                                   

2010年12月24日 (金)

どうでもいい記事

余りにも寒くて、小学校の孫は「ワ~ワ~」泣きながら帰ってきました。

寒さに、痛みが加わったのでしょうね。

本格的に雪の季節、これからが大変だけど、幸いに今日は終業式、明日から冬休みが始まります。

                                                

保育園にも、今日はサンタさんが来たって、孫は喜んでプレゼントを見せてくれました。

嬉しそうで・・・よかったね。

でも、婿のミスで、家には今日サンタさんは来なくなりました。

明日になってしまったわ。

「お母さん、すみません。」て誤ったけど、

「私は、クリスマスなんてどうでもいいんよ。子どもたちが楽しみにしてたから可哀そうね。」って、言ってやりました。

婿、いい加減すぎます。

                                                 

002

昨日、婿のお父さんが、ケーキを持って訪ねて来ました。

この地域では有名なケーキやさんのもの、私もご相伴にあずかったけど、チョコだから甘かった・・・・・・。

「メイプルハウス」製です。

                                              

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こっちに来る時、夫が言いました。

「2日に1回らいは、存在を確認しよ。」

「倒れているかもしれん。」

私、何時も来てしまえば、ほったらかし。

そう言われれば、そうだよね。

                                      

ということで、電話だけはしています。

                                         

                                              

2010年12月23日 (木)

北風吹きぬく~~~

まぶしいほどの太陽から始まり、曇ったなと思ったら雨、そのうちにやかましい音がしたと思ったらアラレ、光ったなと思ったら、ガラスが割れるくらいに大きい雷の音。

今日の天気は、安定しない移り気すぎる、忙しさでした。

005

1時間たっても、アラレは消えません・・・・寒い日。

                                                    

ランチを食べてから、まだいるんじゃないかと、近くの田んぼまで、白鳥を見に出掛けました。

孫も一緒、自然を知って欲しいですからね。

010

011

買い物でも来たのか、車を止めてみてる方がいます。

私の地域には、近くに白鳥が飛来してくるところもなく、こんなふうに羽根を休めている姿は初めてみました。

見事で、うっとりしてしまいます。

それにしても、大きいこと。

                                           

寒くて、寒くて、ぶるぶる。

                                            

来年も、忘れずに姿を見せてくださいね。

                                               

                                             

2年生の孫が、絵を書きました。

012

気持悪いけど、上手でビックリ。

こうもりなんて、どんなふうになってるか知りませんでした。

教えられたり。

                                     

                                               

2010年12月22日 (水)

夢二ドロップ

子どもの頃、缶をガラガラ鳴らして、「まだ、あるかな・・・」

「何色にしようかな・・・」

そんな記憶が想い出される。

                                              

赤、白、緑、黄色、茶色・・・・・・

私の好きだったのは、普通の赤色だった。

白いのは薄荷、茶色はチョコレート味。

それは好きじゃなくて、残していた。

                                              

それは【佐久間のドロップ】

                                        

金沢には、とてもおしゃれな歴史を感じるような缶がある。

アンティーク調のドロップの缶。

001

夢二のドロップ。

002

これも美味しいよ。

このデザインも素敵じゃない?

                                              

いい年をして、連想的に想い出してしまった。

子どもの時、食べたドロップ。

                                        

                                              

2010年12月21日 (火)

呼び名いろいろ

男の子の孫は、私のことを、

「み〇るさん!」と呼ぶ。

じいじのことを、

「じいじ!」と呼ぶ。

                                            

「じいじのことも、名前で呼んでくれる?」

「えいいちさんて・・・・・・。」

                                               

ニタニタもじもじしながら、

                                                  

「だって、恥ずかしいもんヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ」

だそうな。

                                            

ちなみに、婿かたのおじいちゃん、おばあちゃんは、

「大ママ」「大パパ」

                                                 

其々の呼び方、面白いね。

                                              

                                                 

2010年12月20日 (月)

こんな日でした。

娘が、義妹の子のクリスマスプレゼントを買いに行くというので、またも一緒に近所の大型スーパーへ、孫にも当然もらえるので、子どもはラッキーかな。

台所は火の車なのに、12月ってお金が要る月、娘の顔は曇り、婿がぼやく。

私・・・・・・そんなこと知らへん!

                                                

何時ものごとく、ランチは私のおごりで、

004

私の食べたものは、にんにくとトマトのスパゲティ。

006

娘は、たらことおろしの和風スパゲティ。

最後に、プリンとアイスのデザートが付きました。

これだけなのに、全部食べられなくて、残してしまったら、

「味が濃かったですか?」って聞かれちゃった・・・・・

「いえ、美味しかったけど、調子が悪くて食べられないの、ごめんね。」

ふふ、残してもあまり感想を聞かれたことなかったけど、美味しいものを提供するにはいいことだよね。

まぁまぁでした。

                                             

行く道で、田んぼの中に30羽くらいの白鳥をみました。

車を止められなくて、写真撮れなかったけど、見事でした。

富山で、白鳥に鳥インフルエンザが見つかったと新聞に書いてあったけど、この子たちも被害に会わねばいいのにと思いました。

可哀そうだもの、遠いところからせっかく渡ってきたのにね。

                                            

今日は、孫の九九にお付き合い、何度も厳しく復唱させました。

ふれあいです。(いじめじゃないよ。)

                                        

                                           

                                                

                                               

2010年12月19日 (日)

気分爽快かも・・・

すごいいい天気でした。

こんな青空、北陸じゃ珍しいんじゃない?

006

遠くの山も、スッキリ見えるくらい、空気も爽やか!。

暖かいし、孫たちは外で走り回っています。

お友達も遊びに来て、今日は楽しい顔がいっぱいでした。

                                                   

庭に出て、枯れた花を整理し、知らない間に広がったセイタカアワダチソウを引き抜いたけど、丈夫過ぎて、根っこがとれません。(;´д`)トホホ…

丈夫で強いから、日本中を征服してるんですね。

この花の中に、病気に役立つ成分でもあれば、嫌われないでしょうに・・・・・通称ブタクサなんて呼ばれないよね。

                                                     

003 002 001

前に来た時に植えたスミレ、大きくなっていました。

来年の春が楽しみです。

                                          

007

カマキリの卵。

雪に埋もれない高さに、卵を産みつけるという。

ここで、1メートル50センチ、雪は1メートル以上降り積もるのかしら?

今年は多いというけれど・・・・・・

ここの雪は、水分が多く、庭木をへし折ってしまう。

まぁ、折れても困らない木しかないけどね。

                                            

毎日、内職を手伝わされている、おかげで疲れてしまって、良く寝られること、今朝は10時まで寝ていた。

我ながらあきれちゃったわ~~~~ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

                                             

                                             

                                         

                                           

2010年12月18日 (土)

立場がない人

ご飯を食べて、お風呂へ入ろうとーーー

                                         

裸になってドアを開けたら・・・・・

                                                      

ない

お湯がない

                                              

シャワーを浴びたけど・・・・・・・・・・・・寒ボロ(。>0<。)

                                                 

外は、雪が舞っているというのに、

                                                    

                                                   

こんなのあり

                                              

                                                   

身体も寒い、心も寒い、いちにちだった

                                             

                                                                                               

2010年12月17日 (金)

雪と孫に会いたくて

今年は来るつもりはなかったけど、家にいてもボンヤリ過ごすことが多く、覇気が全くない生活をしていたので、この際重い腰を上げることにしました。

「そうだ!初雪に会いにいこう!」

思い立ったらなんとかで、はい、石川に来ました。

そして雪・・・・・敦賀を過ぎ長いトンネルを抜けたら、そこは一面白い雪でした。

004

ここは、セカンドハウス前の風景です。

                                               

005

                                               

孫は、「み〇るさ~~ん!」と、私が来たことを嬉しそうに歓迎。

また、楽しい日々が始まるよ。

                                               

喧嘩も一息ついたので、今日はクリスマスプレゼントを物色に近くのショッピングセンターに出掛けました。

帰ってから、押し入れに隠して、あ~喜ぶ顔が目に浮かびます。

その顔にも会いたくて、来ちゃったんです。

                                              

娘とのランチは、まだ完全に治ったと言い難い大腸の様子を考えて、うどん半玉と小さなおにぎり1個、娘は3個。

008 009

なんと、二人で1050円、安く上がりました。

あんまり美味しそうじゃないけど、お腹には優しかったです。

                                            

炬燵って暖かいね。

温度は低いけど、少しも寒くありません、それにワイワイガヤガヤしてる雰囲気嫌じゃありません。

みかん食べて、シュークリーム食べて、ロールケーキ食べて、すっかり甘党しながら、炬燵にもぐっています。

なかなかいいぞ~~~。

                                         

今回は、クリスマスまで・・・・・

そのあとは、愛知で少しばかりの料理を作って、新年を迎えます。

ちょっとだけ休憩、なんですよ。

                                         

                                             

2010年12月10日 (金)

タイトルなんて、無しよ!

Cocolog_oekaki_2010_12_10_09_51

退屈な日、お絵かきで遊んでいました。

マウスで描くのって、思うようにいかなくて、下手くそですみません。

思いっきり行儀の悪い猫です。

                                      

今日は、ことしを表す字の特集をやっていました。

私の去年は「腹」2回も切腹しましたから。

今年は、「惜」かなぁ~~

悲しい別れがありました、若い人のお別れは、辛いですね。

年をとっていても、命は大事にしたいけど、どうにもならない病気、

うらみます。

もっと生きてて欲しい人を、いともたやすく、連れて行ってしまいますもの。

                                          

娘と仲直りできました。

私が悪いと言う娘に、「母にも事情を話たら、貴女が悪いって言ってたよ。」

そういったら、しばらくして「もうしない、二度としないから・・・・」って。

こんなことを、来年まで持ち越そうとは思いません。

sanaeちゃんにも、心配かけちゃって、アドバイスももらいました。

私から、強気の気を折ることにしました。

それが、仲直りのきっかけになりました。

                                             

いい天気

小春日和です。

                                        

                                            

2010年12月 5日 (日)

貴女の事を書きたくて

私のブログ友達に、壮絶な肺がん生活12年目を向かえ、今は、与えられた余命の中で頑張ってる女性がいます。

一日が大切な時間、1時間が宝石のような時間、それほど主治医は長い余命を伝えてくれませんでした。

だから、したいことがいっぱい、伝えたいことがいっぱいだと思うのだけど、優しい彼女は、私みたいに病気では比べようもない人にまで、どんな小さなことでさえ、励ましてくれ、忙しい合間にメールをくれます。

こんな素敵な人、自分こそ辛いのに、ガン友に元気を与える為、お見舞いにも行かれます。

子供たちと思い出作りをし、手紙を書き、残してやれる物は何もないから、笑顔だけあげたいって・・・・・痛い日、苦しい日もあると思うけど、写真では何時も笑っています。

Img_5089 ここは、彼女の病院です。

「帯津三敬病院」この病院の名誉院長は、帯津良一先生で、私が時々読む本の著者でもあります。

Img_5090_2

また、食事相談をしてる方は、私の好きな料理家「幕内秀夫」さん。

Img_5088_2

見た目には質素だけど美味しそうな、昔卓袱台で食べたようなお料理が紹介されています。

春物、秋物と、まだ病気にもなっていない時に3冊買いました。

                                         

先生にとって、彼女は『頑張ったで賞』の見本のような人、再発転移、抗がん剤、手術・・・・ずっと病気と闘って、12年目を迎えた奇跡の人です。

病気の上で先輩であり、こんなふうに生きられたらいいなという、道しるべを作ってくださっています。

                                               

私は、つまらないことで落ち込んだり、愚痴を言ったり、足元にも及ばない年齢だけ上の人だけど、何時か彼女のように、優しい目が出来るようになりたいと思います。

                                               

大勢の友人が、貴女を支えていますよ!

そして、支えられていますよ!

                                         

                                               

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ