« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

インフルエンザに責められてます

この季節になると、脅威だけど逃れることが出来ないのは、やはりインフルエンザでしょうか。

愛知は、早くから流行っていたけど、こちら石川もあちこちで学級閉鎖になり、とうとう我がハウスの辺りにも危険信号が出たようです。

明日から、孫のひーちゃんのクラスが学級閉鎖になります。

30数名のクラスで、10名の欠席者、予備軍も多数とか、でもひーちゃんは今んとこ元気ですよ。

それだけが、私には救いです。が、が、・・・

いくら私がガン患者だったとはいえ、何時までも免疫がないなんてことはないと思うのです。。

現に私は、ガンにはなったけど、インフルエンザは、ここ10年は掛かっていないのです、これからも、出来るだけ予防はします。

大丈夫です・・・・・・かなぁ~(゚ー゚;

ひーちゃんも、インフルエンザにかかることもなく、休日開けは、元気に登校してほしいです。

大丈夫だよね???

                                           

お姉ちゃんのあーちゃんは、ひーちゃんが休めることに、とても羨ましがっていました。

雪道を、通学しないでもいいから、そりゃあ誰でも思うでしょうね。

でもねあーちゃんは、3年生になって、一度も学校を休んだことがないんです。

毎日頑張って、下り道を登り道を、せっせと通学してるんですよ。

バアバは、その姿をもうすごく褒めてあげますよ、そして誇りに思います。

「あーちゃんは、頑張り屋さんだね。」ってね。

                                          

008

この子は・・・・・

メッちゃんかな、この家で亡くなって、庭にお墓があります。

あーちゃんが、紙を切って作りました。

                                   

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                      

                                                

                                          

2012年1月30日 (月)

除雪車の音で目が覚めて

朝の雪の模様は・・・・・

もっと積もってると思ったけど、そうでもなかったよ。

                                          

001 除雪車が何度も往復。

これは雪を集めて、どこかに運んでるのね。

雪を飛ばすのは、玄関まで雪だらけになります。

当分、雪は無くならないでしょう。

空と、陸地と同じ色、影のように木が家があります。

                         

002 雪の深さはこんなもの。

どこの家も軒先は、細いツララがぶら下がっています。

      

                      

                     

                        

                         

                                               

お昼は、娘とスーパーに買い出しがてら、外食してきちゃいました。

004

これは、娘が食べたぶっかけうどん、一番高いのよ。

私が食べたのは、普通のぶっかけうどん。

005 見たとおり、上にメインが載っていません。

006

                

別売りの、かぼちゃのてんぷら、半熟玉子のてんぷらを上にのっけて、

お肉はないけど、リッチになりました。

すべて完食、これじゃ痩せないね。

                                   

雪かきもハッスル、今日も元気に暮らしましたとさ。

                                          

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

2012年1月29日 (日)

今日から毎日雪景色

思いたったように、石川県セカンドハウスに来てしまいました。

はい、寒いで~~~~す。

外は、真っ白けの白い世界です。

                                                                                             

                                                                                                

002

愛知の家を出る前、玄関先に訪ねてきた、近所の親分猫。

傍に行っても逃げたりしません、もう堂々、飼い主は2軒隣、おおかた外で暮らしているのに、もう幾つになるのか・・・・交通事故にも合わんと元気に生きています。

うんちを置いていくの、踏んだこともあるんよ。

この写真の通り、愛知は陽が射しているでしょう?

                                          

005

米原でも雪は積もっていたけど、福井は一面白かったです。

足跡もない白銀の世界、飛んで行ってグチャグチャ踏んでみたいけど、今は「しらさぎ」に乗っています。残念!

家を出てから2時間で、違う景色、だから旅行って面白いのね。

                                          

009 3時間、石川に着きました

朝から雪が降ってたみたいで、金沢の街も雪景色でした

ここセカンドハウスは、山の上だから、もっと降っています

30~40センチ、今も、細かい雪がしんしんと降り続いています

明日朝、学校に行く孫たち、長靴など埋まっちゃうだろうな・・・・・みんなが通る道は、融雪設備があり、雪は溶けてるんだけどね

朝から、除雪車も来ないだろうし・・・・・せめて、玄関先で送り出してやろう

010

家の前の道も、雪、雪、雪

                                         

しばらく、賑やかに暮らします

何時か、一緒に暮らす予行練習なんちゃって。(*^-^)

                                       

あーちゃんは、今夜からばあばと寝るんだって、約束しました

嬉しいやら、嬉しいやら、のんびり寝られないやら・・・・

                                          

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

                                        

2012年1月28日 (土)

田舎暮らしがしたかった・・・

40代の頃から、田舎暮らしに憧れていた。

何時かは、古民家などを買って、前に広がる畑で、食べられるだけの野菜を作り、庭には、自然が似合う花を植え、晴耕雨読な生活を送りたいと思っていた。

そこには、猫も犬もいて、私を癒してくれる。

生活は、少ないけど年金が入るので、現金が必要な所は補える、食べる事は、とりあえず収穫した野菜を食べ、時々町に出て、動物性たんぱく質を買い込めば、困らない。

贅沢なんか興味もない、見栄など昔からなかった。

私は、全くの現実主義者だから、夢じゃなく、生活できるという基盤もしっかりあった。

貯金も、働いていれば貯まっていた。

                                                

でも、仕事をリタイヤした早々、乳がんを宣告された。

痛いなと思いながら暮していたんだから、この結果は分かっていたけれど、田舎暮らしは諦めなきゃ、田舎じゃ大きい病院無いからね。

入院、通院には、やっぱり街に近いほうが、行くだけでも楽だし、先に悪化しても、治療は選ぶことが出来る。うんうん・・・

3年後、大腸がんまで患っちゃったよ~~~。

                                             

今日だって、頭の中には、田舎で暮している私の姿がある。

出来は悪いけど、新鮮な野菜を取り入れ、スープにしたりサラダにしたり、解凍したお肉は、焼こうか、揚げようか、煮込もうか・・・。

夫は、犬の散歩に出かけ、私は後から追っかけていく。

始終見ている夕焼けも、ここで見ると一段ときれいだ。

春は芽の息吹、夏は喧しい蝉の声、秋はカラカラ落ち葉、冬はチラチラ粉雪。

                                             

夫が賛成していたわけじゃないから、実現していたかは(?)だけど、きっと幸せな老後を送れただろうな。

大好きな腐葉土の匂いとマイナスイオン、暮したい思い続けた田舎暮らしは、今こそ夢となってしまいました。

                                           

今度の目標は、孫と一緒に暮らす日常です。

これは叶うかなぁ~~。

夫の耳がタコだらけになるくらい、訴え続けている「ちるみちゃん」ですよ。

応援してくださいね。

                                           

Img_6620                                            

                                       

                                             

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

                                          

2012年1月27日 (金)

ブログっていいね

私は、ご存知のように、乳がん・大腸がんの重複ガン患者でした。

乳がんは、2~3年内に必ず再発するレベルだったし、大腸がんは再発して2年連続で手術をしました。

だから、告知された頃は、泣いたり喚いたり、とんでもなく落ち込んだり、生きている心地のしない日々を送っていました。

いろんなガン患者さんのブログを廻って、同じように進んだステージの人が、こんなに元気だと書いてあるのにほっとしたり、更新のないまま放置されたブログにズタズタにされたり、それでも毎日、どこかに希望はないかと探し続ける日々を送っていました。

                                           

私も、すがりつく思いで、ブログを始めました。

数人のブログ友が出来、少しだけ前向きに生きていかれるようになりました。

でも・・・・せっかく出来た友人が・・・・亡くなりました、いずれ私の運命。

どれだけ泣いても、気持ちが落ち着かなかった、私、また行動を起こしました。

同じ病気の人の人に会ってみたい、辛さを分かち合いたい。

ブログ友になった人に、声をかけ、お初にお目にかかることが出来ました。

その時の会話も、食事も雰囲気も、未だに思い出されるほど、素晴らしい出会い、体験でした。

だって、その日を境にして、落ち込む事がなくなったんです。

ランチ、夕食、忘年会、クリスマス、カラオケ、旅行、悲しいお別れもあったけど、今も付き合いは続いています。

私が立ち治った原点だから、大切な大切な友達だから。

                                            

以後は、声をかけたり、かけられたり、40人弱のブログ友に会うことが出来ました。

普通の友人のように、仲良くして頂いてる人もいます。

入院してる時は、お見舞いにも来ていただいたりね。

                                          

もしブログを知らなかったら、今日の明るい私は無いと、はっきり言えます。

ブログ友と出会いがなかったら、がんと闘う私もいませんでした。

今の世の中で良かったなぁ~!

こんな素晴らしい機能があり、助けてもらえるのだもの、「ありがとう!」って、大声で叫びたいです。

                                      

ちなみに私のブログ友、99%がん患者です。

素敵ながん患者です。

                                        

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                        

2012年1月26日 (木)

初弁当の味、どんなもんだ?

     HottoMotto、ほっともっと、もっと、もっと

         お腹がすいたなぁ~~

            ガラガラ・・

                                 

   「いらっしゃい~~~!」

                                                                                        

     Img_6839                                                                                                      

                                         幕の内梅、                

                                           

Img_6840                                              

                     幕の内松             

                                              

最近、出てきましたお弁当やさんです。

私は控えめに「梅」にしました。

夫は高級な「松」、高級と言っても足して1100円少々です。

味は、何度も食べたいほどじゃないです、まぁ、平均点。

今度は、AKBが美味しそうに食べているカツ丼に、騙されてもいいと思って挑戦しましょう。

写真は美味しそうだけど・・・・・・

お腹すかせて食べてるもんな・・・・・

                                        

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

                                       

   

2012年1月25日 (水)

たまには猫のことを書こう

夫は、勤め先で猫を飼っている。

親猫の代から飼い始め、今は二代目、キジ猫に毎日餌をやってるけど、親だった猫も子猫も、2メートル範囲以上には近づかせないそうだ。

逃げ足の速いこと・・・・だって猫だもの。

勤め先は、広大な敷地と、殆ど人がいない建物を管理する仕事、数人で管理していて、みんなで餌をあげてるんだって。

買っていくのは夫だけどね。

                                        

我が家に連れて来てもいいのだけど、何しろ我儘な老猫がいて、そのこは、白い猫しか受け付けない。

きっとパニックになって、弱ってしまった足で、狂ったように走り回るだろう。

もう、老い先も短くなった猫に、落ち着かない生活をさせることは心もとない。

やっぱり、勤め先の『みんな猫』でいるのが、おたがい分に合ってるよね、キジ猫も自由が奪われるのは、望んでいないだろうから・・・。

                                            

2012010708360001

                                             

足が短いけど、色合いもよく、可愛い顔をしている。

私の大好きなキジ猫だ。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

                                                 

我が家の老猫は、ねぐらにホッとマットを敷いてあげたら、一日22時間はその上で寝ている。

時々泣き声を出すけど、前のように吼える事が少なくなった。

体力もなくなり、二階に上がってこなくなった、食欲はあるから、痩せてはいないけどね。

                                             

Img_6833 Img_6834

                                        

姉妹は、4年前、2年前に先に召されて、今は一人。

このこなりに寂しいだろうか、何を考えてるのかさっぱり分からない猫である。

そして、飼い主にも馴染まない風変わりな猫だ。

                                     

でもね、最後までのんびり暮させてあげるからね。

お腹がすいたら「餌くれ~~」ってこき使ってください。

                                          

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年1月24日 (火)

給食のニュースで、思い出が広がった日

私が好きな料理本の著者、幕内秀夫さんが、今の学校給食に苦言を放っていた。

主食がパン、副食がチャーハン・・・・炭水化物の主食に炭水化物のおかず???

パンも、随分美味しそうな甘いパンが多い、フランクフルト、フライドポテト、ケーキ、こりゃー子供が喜ぶと思う。

でも、野菜が少ない、緑がない。

ソフト麺の上のソースも、お肉が多くて野菜をあまり使っていない。

孫に、「給食、美味しい?」って聞いたら、「美味しいよ、全部食べられるよ。」

これだったら、残さないでしょう、子供の顔をみて献立を考えてるんでしょうね。

もっと日本らしいおかず、食べさせて欲しいと思うのは、祖父母だけかな。

                                       

思えば、私の子供の頃は、粗末な給食だった。

固い甘みのないパンと、ブリキの茶碗に入ったスープのようなもの、でも、お肉は少なかったけど、野菜はいっぱい入っていた。

脱脂粉乳は不味かったから、鼻をつまんで飲んだけど、栄養的には優れた食事だった。

今は、パンも菓子パンに近いけど、私の子供の時は、バターも砂糖も入っていない小麦粉の味のパンだった、友達の家で作っていて、出来たてを頂いた時は美味しかったが、時間を置くと硬くなって、ぽそぽそ・・・。

おばさんが、「美味しいパンを焼く事も出来るけど、材料が決まっていて、これしか出来んでね。」と、話してくれた。

お肉は、うさぎの肉だと噂が出て、食べなかったんだっけ。

                                           

中学校は、その頃珍しい完全給食だった。

脱脂粉乳は変わりなかったけど、ココアやジュースの粉末があって、美味しく飲めるよう工夫があり、おかずも、揚げ物、サラダ、煮物もシチュー、カレーと、非常に美味しく作ってあり、給食はかなり人気があった。

パンは相変わらずだが、揚げパンにしてあったり、バターがついてたりした。

小学校の時、週2回だった給食で、お弁当を持ってこられなかった生徒も、中学ではお昼休みを外で遊んでることもなくなった。

毎日、いっぱい食べられたはず。

ただ、野菜食、かなり多い野菜が、あちこちに使われていた。

お肉がメインのおかずになったのは、鯨肉しかなかった。

                                           

PCの給食のニュースから、50年以上もさかのぼった自分の給食を思い出した。

セーラー服で給仕している自分の姿まで思い出した。

「これ、たくさんくれ!。」悪たれガキの顔までも・・・・・。

                                          

夫は、私より片手以上うえ、給食は、「脱脂粉乳だけ」だそうな。

                                   

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                                                 

2012年1月21日 (土)

白菜漬け、一丁上がり

大寒です。

寒いですね~ヒーターの側から離れられません。

そんな季節に美味しくなるのは、白菜、の漬物です。

                                     

Img_6830

                                                

一日干して、塩漬けしました。

今日は、だしを入れます。

塩昆布、にんにく、赤唐辛子、ゆず、明日になったら美味しくなるよ。

                                       

Img_6835

                                               

一日たちました

今晩は、デビューだよ。

ああ、舌鼓

                                                

                                               

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                             

2012年1月20日 (金)

一人御飯は思い出の味

久しぶりの一人ご飯、今日は、名古屋名物です。

前にも登場したことがある、あれですよ~~~

                                        

Img_6828

                                              

名古屋駅JRのコンコースに、立ち食いのその店があります。

独身の時、仕事に行く夫を送りながら、食べたんだよね。

私の20才の頃の思い出の味かな。

                                           

その味を、寿がきやさんが再現したカップ麺です。

                                              

きしめん、美味しいよ。  

                                              

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                               

2012年1月17日 (火)

「小でぶ」を改善します

ブログもサボって、マックスぐうたらしていました。

普通のぐうたらは、毎日だからね。

                                        

友達が、ちょっと体重が多くて、脂肪肝になって、それで先生から、体重を減らしたらなんて、言われたのか言われなかったのか、どっちかで・・・・・

そういえば私も、確か昨年の春、45キロを切りそうに痩せたなんて、ブログに書いたのに、病気になり入院し、体調が回復したら、見る間にドンドコドンドコ、右肩上がりに太ってきて。

今は、一年に11キロも重たくなりました。

はい、56.6キロ。グェ~

                                            

好きだったお酒も、一口も飲めない時期半年、かろうじて少々半年、今じゃ、夫から「飲みすぎじゃないか?」と言われるまで、元に戻ったわ。

もう何を食べても美味しいし、間食もついつい、手が伸びてます。

これじゃダメよね。

                                          

友達と、一緒に痩せる目標たてましょうと。

そういったらね、友達が、私は標準だから、そのままで良いって言うんです。

まぁ~身長からみた体重は、わずかプラスだけなんだけど、体型がすごいの。

腰に、しっかり太い浮き輪があるんですよ。

パンツのウェストにお肉、被っているんです。

                                               

昔は、なかなかのスタイルでならした私がよ悲しいよ~~~。

                                         

で、今年は、少しだけ痩せましょうと、出来る範囲の目標をたてました。

今日食べたら、明日は少なく・・・そんな大雑把な管理をします。

1年で、3~5キロ減らします。

                                  

大晦日に発表、出来るかな。

                                        

ちなみに、現在の私に病気はありません。

今年こそ、入院のない一年にしなきゃーね、それも目標だよ。

                                         

                                        

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                      

                                         

                                     

                                          

                                         

2012年1月13日 (金)

年金生活者&生活保護者

全部、テレビのニュースで仕入れた情報です。

感想を述べるのは、年寄りの証拠かな、何か言っては、時々笑われていますが。

                                             

生活保護費って何ぞや???

                                             

震災で、家も家族も失って、ホームレスをしている人のその後、を見ました。

初めは、こんなに長引くと思わず、仕事を探したけど無くて、手持ちのお金も底をつくとか・・・・・。(60才にまじかな人)

病気で、支援者に助けられ、逝くまでの数年を穏やかに暮した人、共に生活保護は受けていませんでした。

                                          

マンションの一室で、終日ピコピコゲームをしている23才の若者、月に2~3度カラオケに行くのが唯一の楽しみとか。

女優の付き人の仕事をしたいと、東京に探しに来た、若者。

病気の診断書をもらったら、生活保護は受けられるよ、とうそぶき、遊んで暮してる若い女性。

共に生活保護をうけています。

                                              

何か変だよね。

こんなに簡単に、生活保護を認めたら、働く人がいなくなります。

甘い考えで、力を出したり、汚い仕事は避けたいのでしょうか・・・・

                                             

何時も槍玉にあげられる年金生活者、月3~5万で、切り詰め病院に行くのも我慢している人、やはりたくさんいます。

でも、自分で築いてきた生活は、誇りを持ってるし、生活保護の申請なんてしません。

                                             

何がいいたいかと言うとね、多少でしか払っていない年金生活者でも、生活保護者より貧しくあってはならないということです。

老人は貯金を持ってるというけれど、それも一握りだし、老人でも入ったお金は全部使うと言う江戸っ子気質で暮してきた人も多くいます。

老後の事、考えた人、考えなかった人の差でしょうね。

                                         

このままいくと、生活保護者の人が、日本の平均生活者になるんじゃないかと危惧しています。

普通に暮せるお金を、毎月いただけるなら、そんな有難い事はありません。

病気になれば、ただで診て頂けるし、そんな姿を見ていれば、そりゃ~年金なんて払うのが馬鹿馬鹿しくなるんじゃないかしら。

                                           

私は年金生活者、18才からずっと、主婦の間は任意で払い続けました。

それなのに、頂く年金は笑っちゃう金額です。

まぁ、夫婦で貰ってるし、足らない所は夫が70才になる今も働いてくれてるからどうにか暮していますが。

二つのガンを治療し、入院し、抗がん剤を射ち、まだ食べていかれるから、今、払っている人に感謝しなければいけないでしょうけど、私たちもまた、老人に豊かさを与えてきました。

                                       

年金をとやかく言う前に、生活保護の見直しを、私はどうしても考えてしまいます。

貧しい人になお貧しさを・・・・間違ってるかなぁ~。

                                           

こんな金額じゃ生活していけへん、働かにゃやってけんわ~。

と思う程度の金額で納めるべきです。

本当に困った人には別ですよ。

それと生活保護費を、医療費、学費、食料費、家賃という項目別の援助にするべき、全部を見る必要はないと思うのだけど・・・。

                                        

 Cocolog_oekaki_2012_01_13_15_15                                                 

                                                 

無い脳みそで、考えちゃいますねぇ

                                           

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

2012年1月12日 (木)

春はそこまで

今冬一番の寒波が到来したとかで、愛知も朝は氷点下です。

あまりの寒さに足は冷たくて、お布団からなかなか出られないところに、今朝は足の親指が攣って、「お~~痛いギャ~~~!」

目だけはしっかり覚めました。

                                          

こんなに寒くちゃ、花なんて咲いてないだろうな、とは思ったけど、デジカメ片手に出かけてみました。

案の定、枯れた野には花などありません・・・。

うんんんん・・・・・あった・・・・・

                                           

Img_6814 草に埋もれて咲いていました。

タンポポです。

Img_6815

                                            

おやおや、ロウバイもきれいな花をつけていました。

Img_6818

咲き始めです、いい香がするもよ。

                                           

Img_6824

                                      

今年は、我が家の山茶花も沢山花をつけました。

                                              

                                            

これから、冬本番になろうというのに、早い春はもうすぐそこに来ているんですね。

ときめいたり、震えたり、忙しい季節になりました。

                                            

                                             

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年1月11日 (水)

手作りガンダム

店の奥にそれがあった。

                                      

ラーメン屋さんの店主が、3年がかりで作り上げたそうだ。

                                          

プラモから起こした図面、材料はダンボール。

                                          

Img_6808

                                              

その努力に敬服!

                                

                                 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                               

                                             

                           

                           

                       

                         

                                

                                                   

2012年1月 9日 (月)

大須で趣味のお買い物

大須観音に、形ばかりの初詣に行って来た。

行列にうんざりして、門の下で手を打っただけ、ご利益ないよね・・・・

                                             

Img_6806

何時もはこんなに人出はなく、屋台も出ていないけど、今日は混雑しています。

鳩に、「コリャ~~どけ、邪魔じゃい!」なんて、追っ払ってるあんた、お正月だよ、穏やかにね。

                                         

商店街はにぎやかで、避けるのも疲れるほどの人、人、人。

今回は、何故だか電気街を見て廻り、デジカメ一眼レフを「買ったら?」と言う夫に、まだ迷い中の私。

使えるか・・・・宝のもち腐れになるか・・・・買わなかった・・・

                                       

大須商店街は、名古屋の中心にあり、売っていない物は無いというほど、お店も種類も多く、新品から中古まで、ブランド品から安物まで、食堂、喫茶、美容院、などあらゆる商売が営まれています。

その数は、何百???数えられないよ。

もちろん、何度も来ているけど、全部廻った事はありません。

                                      

メイドカフェの前で、「入る?どうする?」迷ってる若者二人。

そこはね~~~可愛い子いないよ、なんて余計なお世話だね。

その手のお店も5軒はあるでしょう。

                                       

私は、今回買うものも、見たいものもなかったので、人の観察、そして冷やかし。

路地をのぞいたりしながら、歩く事に専念しました。

                                          

                                                                                 

夫は・・・・・・・・・

今回の大須行きには目的がありました。

Img_6811 この手の店を3軒まわりました。

最後の店です。

買うものを見つけたみたい・・・

出掛けに、へそくりをポケットに入れていました。

                   

                   

Img_6812 中古のアンプを購入しました。

古いものなので、試聴してからと言うことで、小一時間留まる。

私は、もう退屈しています。

立ったり坐ったり。

Img_6813

                                          

手当たり次第に写真を撮ってます。

おまけに、半額負担も・・・・

どうりで、一眼レフ買ったらって言ったんだ。

まぁ、いいけど。

(古なのにビックリ、高いのです。)

                                            

満足の夫と、一週間分の買いだめをして、家に帰ったときは、真ん丸い月が出ていました。

                                                 

歩くカロリー使ったよね、それだけで私も満足です。                   

                                          

                                   

                                        

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                               

                                                                

                                          

2012年1月 8日 (日)

冬の景色

買い物に出た。

空は青い、本当に気持ちよい天気 

                                         

Img_6764

伊吹山は雪をいただいて、美しくお化粧です。

                                         

我が町から見る、一遍の景色です。

                                        

こんな景色を見ると、寒い冬もなかなかいいんじゃい?等と思ってしまう。

                                          

                                              

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                      

2012年1月 7日 (土)

「安納芋」を食べて満足

評判は前から知っていたけど、一度も食べた事がなかったサツマイモが、スーパーでお勤め品として売っていた。

私は、サツマイモはそう好きっていうほうじゃないから、買う事はなかったけど、これは、ぜひ買って味を確かめたい、そう思った。

鹿児島種子島産『安納芋』、噂だと、色が濃く、甘みが強いそうだ。

                                               

早速購入298円、袋の中に、小さいのが6個ほど入っていた。

焼き芋にするのに、大きいのはなかなか火が通らない、まずまずの大きさだ。

簡単な作り方も書いてある。

私は魚焼きグリルで、弱火にして1時間くらいゆっくり焼いた。

                                             

Img_6804

焼き芋にすると、蜜が溢れ出す、甘くねっとりクリーミーなサツマイモです。

と、しおりには書いてあったけど、まさにその通りで、触ると手がネトネトする。

美味しかった、私は2日間で5個も食べちゃったよ。

                                              

今朝から話題の口ログ、安納芋のサイトがあったら、私は迷わず五つ星をつけます。

                                               

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                              

2012年1月 6日 (金)

お乳がこうなった(;д;)

5年前、乳がんで右胸を失った。

                                        

何処の病院でもしているんだろうか、看護師さんから、ブラジャー内部に入れ、術後を目立たないようにする『パット』の説明をされた。

触ったらムニョムニョで、まるで肌にじかに触れているような気持ちよさ、これで乳房の代わりにするのかと漠然と思った。

ちょっと高いけれど、「いるよな~」と納得もした。

                                             

退院してから、市内の中心地にあるその会社に行き、対面方式で試着しながらブラジャーやパットを購入した。

金額も大きいので、質問もしたんだっけ。

「何年くらいもちますか?」

「さぁ~2年くらいでしょうか。」

                                           

去年の暮れ、胸に違和感があった。

なんかベタベタして、だらっとしている。

                                              

Img_6793

表から見たところです。

Img_6795

後ろは・・・・・・・バリバリに破れていました。

 

                                                                                                      

今は、タオルハンカチなどを入れて、それなりにしているけれど、春、夏になると、薄着になるし、これじゃ乗り切れないよ。

PCで「乳がんパット」を検索して、現在思案中です。

よいものは高いし・・・・(25000以上)

安いものは、いいのかな???と。

                                          

同じ物を買えばいいのだけど、ブラジャーとセットで、35000~40000円・・・・・・出費だよね。

正月早々頭痛いなぁ~~~

しばらく、悶々と迷うことでしょう。

                                            

                                             

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                            

2012年1月 4日 (水)

母の賀状

病院通いはしているけど、普通に生活をしている私の母。

食事の用意も洗濯も、日常の仕事は勿論、確定申告、市役所銀行、全部母が管理している。

今、母は91才。

介護保険を払って、お年寄りを助けているほうに入っている。

ディサービスに行ったら?

「嫌だよ、家がいい。」そうだ。

                                           

Img_6792

                                                

母の年賀状。

娘に言わせたら、「印刷?」

母が筆ペンで書いています。

残念ながら私には書けません、習字は嫌い!

                                            

何時まで来るかなぁ~

これも、私のお正月の楽しみです。

                                  

長生きしてよ 

                                         

                                         

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                                                          

                                             

                                                

2012年1月 2日 (月)

大好き『箱根駅伝』

お正月の楽しみは、

言わずと知れた『箱根駅伝』です。  

今日は、往路の日、朝8時スタートからずっとテレビ観戦していました。

                                           

今回の楽しみの一つに、柏原選手の最後の山登り、どんな記録になるのか、期待が膨らみます。

初めて、あの箱根の山を登る姿を見たとき、ビックリしました。

「山の神」のネームの由来が分かります。

                                             

Img_6789

                                                 

見事、一位で渡された襷は、往路優勝のテープを切りました。

あのスピードで山を登ったのに、涼しい顔の柏原君、怪物だね。

                                             

記録は、東洋大が5時間24分45秒で、新記録でした。

柏原君も、3度目の区間新、自分の記録を毎年破っていたんですねぇ~。

恐るべき進化人です。(努力家かな。)

                                        

2位の早稲田の山本修平、私と同じ東三河の出身だそうな、来年は柏原君もいないし・・・・結果だせるかなぁ~覚えておきましょう。

                                                 

明日は、いよいよ復路、また朝から応援です。

楽しみが二日続くなんて、いや~~~~いいですね。

箱根駅伝は、本当に面白いです。

                                       

                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                     

2012年1月 1日 (日)

ご挨拶

Cocolog_oekaki_2011_12_29_17_33

                                          

今だからこそ、出来ることを目標に

今年も元気に羽ばたきます。

                                    

ご迷惑をかけるかもしれないけど、仲良くしてくださいね。

                                     

皆様が、幸せな一年が送れます様お祈りいたします。

                                         

                                          

                ちるみ

                                              

                                                 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                   

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ