« 帰ろかな・・・(梅干し) | トップページ | 帰って早々パソコントラブル »

2012年6月25日 (月)

「胆管結石」専門医のメールにての診断は?

ブログ友のhimikoさんが、胆石の手術のため入院することになった。

病院は、乳がんのメーリングリストの質問にお答えをしてくださった、隣県の外科医{胆膵肝」専門の先生がおられるK病院だと言う。

少々遠いけど、どんなメールの質問にも、真摯に応えてくださるその人柄で、himikoさんは信頼をもてたのだと思う。

この記事をブログで読んで私は、図々しいけど「胆管結石」のことを聞いて欲しいとコメに書きいれてしまった。

勿論、忙しい方なのだから出来たらでいいと、その旨はきちんと書きいれましたが。

himikoさんは、私の今までの胆管結石病歴を、先生にメールしてくださり、そして早々、結果の返事を送ってくださった。

先生の話。

胆管結石は、胆嚢から落下した石がほとんどだが、胆管内に原発性の結石が出来る人もいます。

胆石は無いとのことなので、原発性と考えられます。

原発性の胆管結石の原因はいろいろあるけれど、乳頭憩室や乳頭機能不全などが多いと思います。

胆管結石を繰り返す場合は、外科的手術が必要になることがあります。

胆管結石は、良性疾患ですので、治療を決めるのは本人次第ですが、短期間に胆管結石が3回も出来ていますので原因を精査したほうがいいと思います。

特に昨年は、化膿性胆管炎だったようですので要注意です。

今年も指摘されたようなので、症状が無くても内視鏡的手術をしたほうがいいと思います。

昨年のように緊急入院になる可能性がありますので。

というお返事を、himikoさんを通していただきました。

御親切に、感謝しております。

先生、himikoさんありがとうございました。

やっぱり、入院は免れられないようです。

自分の中では、ある意味決心は出来ているので、実は夏用パジャマも2着新調したんですよ。

帰ったら、早速入院準備に取り掛かります。

でも、その前に診察を受けなくちゃ、それからの行動ですね。

せっかちちるみ!!!

私としては、今回結石を取っても、来年また出来るようでは、いくら良性疾患と言っても先に楽しみもありません。

本当は、どうしてできるのかを突き止めて欲しいのだけど・・・・・

乳頭憩室や乳頭機能不全は、3年前に急になったとは思われません。

きっと別な問題がある、胆管結石になった時が、初めての大腸がんの手術の1年後と重なっているから、この時から飲みだした薬が、疑わしくて仕方ありません。

今は、薬は変えています。

不安です。

愛知に帰ってきました。

玄関先で紫陽花が、今年は一段と咲いて迎えてくれました。

猫チンも、ニャーニャー鳴いたから、手を出したら逃げていきました。

この子は、幾つになったらこの家の子になるんだろう・・・・

今は19才、一生をビクビクしながら終わるのか、悲しい猫です。

さぁ、ご飯食べよ~~~

                                   

                                     

                                      

                                    

                                      

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

« 帰ろかな・・・(梅干し) | トップページ | 帰って早々パソコントラブル »

胆管結石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「胆管結石」専門医のメールにての診断は?:

« 帰ろかな・・・(梅干し) | トップページ | 帰って早々パソコントラブル »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ