« 片づけがお気に召さぬとは・・・・・ | トップページ | 夫大盛り・私は小盛りで文句たらたら »

2012年7月 6日 (金)

三保の『はちまきいし』

今日はパラパラ雨、雷もゴロゴロ。

                                   

昨日の続きだけど、ころんと石が本棚に置いてある。

「これいるの??」

「それははちまきいしと言って珍しいもんだ。50万円位するよ。」

「!」怪しい。

                                       

Img_7995

一周、この白い線が廻っています。

                                               

『はちまきいし』

砂岩や泥岩の地層の割れ目に、石英成分がしみこみ結晶が出来たもの。

石英は、まわりの石より硬いため削られ難く、はちまきは石英の部分が残ったもの。

石英は鉄より硬い。川で流され丸くなる。

                                           

検索したら、三保の海岸の砂浜に、たくさん転がっていました。

ということは、嘘~~~~ただの石です。

大体、貧人の我が家に、そんな高価なものがあるはずないよね~。

                                    

はちまきにあやかって、合格祈願のお守りにされるそうですよ。

                                         

                                   

                                            

                                       

                                          

 

                                       

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

                                             

« 片づけがお気に召さぬとは・・・・・ | トップページ | 夫大盛り・私は小盛りで文句たらたら »

夫との日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三保の『はちまきいし』:

« 片づけがお気に召さぬとは・・・・・ | トップページ | 夫大盛り・私は小盛りで文句たらたら »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ