« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

術後2週間目の一日は

10月ももう終わりです。

あと2ヶ月で今年も終わり、一年が過ぎるのってやたら早く感じます。

我が家は夫が寒がり、この町で一番早く灯油を買うと言われるくらい、部屋ではファンヒーターが燃え滾っています。

私から言えば、『常夏』

 

夫のパンツ、ワンサイズ大きいのを購入、サスペンダーも用意しました。

トイレで流せるテッシュ、匂い消しは必要品、消臭力さん、頼みますよ。

それにしても、突然のオナラの音、慣れなければ・・・・・・

トイレの匂いも強烈、匂いを緩和するジェルを看護師さんに紹介されましたけど、何処でも売っているわけじゃないから、介護製品専門店に一度行ってみようと思います。

名古屋市の中央、ちょっと遠いですけどね。

 

市役所には、障害者申請に行ってきました。

これをすると、ストーマの代金のかなりを援助してもらえます。

なにしろワンセット、千円以上する高価なもの、月に10セットは要りますし、その他の剥がし剤などの薬も必要なので、助かります。

ただ、申請から許可まで1~2ヶ月かかりやっと手帳が交付され、それから物品の購入申請をまたやらなければならない・・・・役所仕事ってどうしてこうもややこしいのでしょう。

結局、来年から援助されることになりそうです。

遅いけどね。

 

夫の体調は、疲れると痛いし力が出なくなったと言っています。

まだ2週間、買い物やら用事でお出かけばかりしていたから、体に負担がかかっているのは当然ですね。

私の手術の時は、2週間目なんてまだ入院していましたもの。

これは日にち薬、徐々に良くなっていくし体力もついてくると思います。

仕事復帰すると決めていますから、弱気にはなっていません。

「辞めたら・・・・・」聞いてくれないですよ。

 

 

 

 

お友達が、お空に旅立ちました。

忙しくしていたけど、何時もブログにはお邪魔していました。

今月も更新があったのに・・・・・

寂しくて、悲しくて、今年の秋は辛い事ばかりです。

でも、貴女の思い出と共に頑張るから、お空から見ててくださいね。

心からお悔やみを申し上げます。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月29日 (月)

今日は病院ディでした。

今日は忙しくなるな、そう思いながらのスタートです。

晴れた日、車を走らせて・・・・行き先は病院。

 

9時半ごろ着、採血・レントゲンを済ませ、外科診察室前へ、ここから呼ばれるまで待たせられ、11時ごろやっと呼ばれました。

夫の横で私も、診察を見、話を聞きます。

夫は今日、傷の糸を抜く日、パチ・パチ・パチ、怖がりの私は勿論見ません。

 

抗がん剤が決まりました。

オキサリプラチン・ゼローダセット、通称ゼロックスって言うそうですけど、副作用がかなり手強そう、調べたらビビッてしまいましたが、これは全員という事ではなく、出る出ないと個人差があります。

薬は効いて、副作用が軽い事を願わずにいられません。

実施は、来週月曜日から、それまで無闇に怖がっても仕方がないので、何も考えず心穏やかに過ごしましょう・・・・と私は思います。

 

お昼は、コメダ珈琲店でサンドイッチをいただきました。

ちょこっと量が多くて・・・・・こんなに食べられないよ。

 

午後の診察はストーマ外来で、アラレちゃんそっくりの人気者市川さんからの、ストーマ装着の4回目勉強です。

コツやら、こんな商品もあるよと紹介や、お店で見本をもらえる話や、必要のなくなった人の寄付の品を分けてくれたり、いたれりのサービス、人気があるのも頷けます。

まだまだ、勉強の機会はあるそうですよ。 

 

全てが終わったのは15時、都合6時間病院にいたことになります。

さすが、夫婦とも疲れました。

まだ、買い物などもあったけど、今日は辞めようって、だって手術をして13日目です、一度に動き回るのは体に悪いですものね。

明日も、用事ばかり・・・・市役所に行ったり、灯油を買いに行ったり、衣類を買ったり・・・・

早く、のんびりしたいわ。

 

昨日もね、本当はズボンなど買う予定だったけど、流し台の水が漏れ出しちゃったの。

それで、夫が修理をしたから、予定を消化できなくなりました。

退院した日から、用事がいっぱい、夫だって少しは横になりたいよね。

 

我が家、思ったより元気で暮しています。

どこまでこのままでいられるか、治療と競争ですよ。

勝ちたいですね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                         

2012年10月27日 (土)

退院の日は、ほのかに金木犀の香ただよう

青い空の日だった。

窓を開けたら、鼻につ~んと心地よい香、娘の中学創業記念に学校から下さった金木犀が、今年は黄色い花をつけている。

成長の早い木で、数年立ったら電線にまで届くほどの大きさに、夫が適当に短くカットしたら花が咲かなくなってしまった。

諦めていたのに、今年は花をつけてくれた。

 

Img_8708

 

この香は、トイレの芳香剤って言う人もいるけど、私は好き。

特に窓辺から微かに匂う香は、とても上品な乙女を感じるのだけどな。

 

 

夫が、調子よく回復したため、一日早い退院で、今日、友達の助けを借りて無事家に帰ってきました。

帰っても結構忙しく、食料の買出しにスーパーへ。

何時もなら、夫が荷物は全て管理するけど、今日からは私の細腕(?)に交替です。

空っぽの冷蔵庫をいっぱいにして、ランチはうどんを作りました。

一人分の半分、結構食べられました。

夕食は、入院で食べられなかったからお刺身とアサリのお味噌汁、そして少しばかりのビールで退院を祝いました。

「おめでとう!」

月曜日から通院だけど、ここでひとまず区切りです。

 

明日は、ボーリング仲間に会うんだそう。

寝てばかりはいけません、楽しい時間は病気をも治しますからね。

 

大勢の方に、応援やら励ましやら、私の朝の病院通いは、軽い足取りで行けました。

私たちのことを見ててくれる人がいるって、嬉しくって仕方がなかったです。

ありがとうございました。。。。。。

これからも明るく、元気に病気と付き合っていきます。

 

でも今晩は、ゆっくり休ませてくださいね。

私、明日からはまた、次の段階に向かって頑張るからね、よろしく。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                               

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月26日 (金)

嬉しい予定変更あり

歩いていると、いろんなものが目に入ってくる。

並木の少し紅葉した桜の木。

川には、鴨・青サギ・白サギ・亀。

それから学校の隅に、あの二宮金次郎の像。

毎日あるのに、やっと目に入ってくる。

 

術後10日目。

夫に嬉しい変更があった。

朝6時ごろ、様子を見に来る主治医が、「調子良さそうだから、一日早い土曜日に退院しようか。」と。

そりゃー願っても無い嬉しいこと、明日なのよ。

今日はもう普通の顔をして、お見舞いに来てくださった友達と軽い話をしている。

私もこんな様子なら帰ってもいいかと聞いたら、いいって言うから、早めに帰って明日退院してくる夫のために、掃除をすることにした。

たぶん帰っても、一休みしてからじゃないと、動かないと思うけどね。

 

退院しても、それで終わる事は無い。

月曜日は外来に行くそうだ。

その後は、いよいよがんの治療が始まる、抗がん剤が始まる。

これからが、本当の戦いの始まりかな。。。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                               

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

退院は日曜日

暖かい朝。

足取りも軽く病院に着いた。

 

術後9日目                                         

朝、入ったメール「退院の日が決まった」

これで第一段階は、無事通過。

退院は、10月28日日曜日、思っていたより早い、嬉しい。

昼食は3分粥になっていて、おかずも魚・肉団子などがあった、味付けがいい、美味しいと夫は全て食べた。

食べる事で、体力は養われる、もう本当に大丈夫と思う。

 

ストーマの注文等するようにと言われ、病院で紹介されたお店に行ってきた。

薬局で買えればいいのに、介護用品専門店にしか置いてないそうだ、知らないことが多い、私たちからみれば未知の世界突入状態、慣れる、慣れよとつぶやく。

病院では、私の帰りを待って、3度目のストーマ取替えの勉強。

夫は、ストーマの取替えはもう出来そうだ、看護師さんからも、「上手です」とお墨付きをもらって喜んでいる。

だって社会人として現役、まだボケたり人を頼りにするのは早いでしょう。

私は見ててあげる、だけでいいよね。

 

 

名古屋駅にて、友達と会う。

実は来週末から、石垣島リゾートでゆったり過ごす計画をたて、旅行会社に申し込みも済んでいた。

それがキャンセル、友達にも予約金を取られてしまうような迷惑をかけてしまった。

補填するって言ったけど、いいよお互い様って・・・・・・。

友達は、時間が空いたからって、急遽一人でモロッコツアーに申し込んだそうだ。

だったら、私の持ってるドル札あげるからと約束をし、今日会うことになったの。

200ドル弱だけど、これで堪忍してね。

ウエッジウッドのお店で、アフタヌーンテーをいただく。

 

Img_8704  

Img_8707

お茶は好みをチョイス、私はお店オリジナルを。

これに、サラダ・ケーキ付き。

スコーンの重さが、私にはこたえる、友達はペロッ、なのに痩せてるのよ。

 

モロッコ旅行、楽しんできてくださいね。

帰ったら、旅の思い出聞かせてちょうだいね。

 

病院へ戻り、洗濯物なども持って帰途についたのは、夕焼けが染める頃、遅めの帰宅になりました。

ゴールデンタイムはグッスリ寝込んで、早朝に起きブログチャックと更新をしています。

また眠くなりました。

二度寝しましょ・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月25日 (木)

容態、もう大丈夫か・・・

寒くなった。

朝の目覚めの頃、部屋の冷たさに起き上がる気持ちを萎まさせる。

季節の変わり目の温度は、体に一番応えそうな気がする。

 

術後8日目。

傷口はつっぱって痛いというけど、糸を抜けばその痛みも和らぐかもしれない。

これは、まさしく日にち薬で治りそうだ。

喘息の症状が時々出るけど、これも付き合っていかなければしょうがない。

お昼から、また流動食の最初からが始まった。

「糊はなんとかならないか・・・・」

不味いと言いながら、8分目ほど食べられた。

明日は2分粥か・・・期待して。

 

今日は調子も悪くなく、検査もなかったので、私も早めに病院を辞した。

滞在時間3時間、昨日は6時間だったから、体の負担が少なく、家に帰ってからも何時もより長時間寝られた。

こんなに寝られるなんて、まるで若い頃の幾らでも寝られる頃が戻ったようだ。

鏡を見れば、婆ちゃんが一人・・・。

 

 

法務大臣の辞職・交代、なんか変だなぁ~。

暴力団との付き合いはわかっていたこと、でもそれで辞めず病気だから辞めるって、どっちにしてもこれで理由通るんかしら?

この理由なら、「体力に自信がないので、お引き受け出来かねる。」って、初めからお断りをするのが筋だ。

いいえ、体力に自信がなかったら、お仕事なんて出来ないから、議員を辞職して欲しい、それが当たり前のことだと思うのに、当然の理由にして誰も責任をとらない。

本当に面の皮が分厚い、性懲りもない面々、恥かしい。

ニュースを見ていると、体に悪い。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

2012年10月24日 (水)

今日の容態、一歩後退(;ω;)

荒れ模様の雨の中、病院へ向かいました。

この頃、少し寒い、冬もまた忘れずにやってくるのかしら。

スカーフが風に激しくなびく、ブルブル・・・・。

 

術後7日目。

朝は8分目ほど、重湯を食べたらしい。

少しだけでも歩こうと、一緒に院内のコンビニまで歩き、のんびり帰って来たら、友達がお見舞いにきていた。

話している時は元気だけど、昨日よりは足の裏の赤みがない。

急遽呼ばれて、造影剤付きのレントゲンを撮りに行ったが、これがどうも体に負担になったようで、気持ちが悪くなりかなりの量を戻してしまった。

オマケに、昔患っていて喘息が出始め、吸入薬をもらう。

容態は、一歩後退・・・・かな。

昼食から、重湯は中止になった。

 

胃から内容物が降りてこない、オナラは出るけれど、ストーマは昨日取り替えたままで空になっている。

それがどうも気になる。

 

再び検査に呼ばれたのをきっかけに、私は帰ることにした。

雨が降ってて、寒くなるというし、時間も15時を回った。

 

 

18時過ぎに、夫からメール。

「ストーマいっぱいのウンチ!」 

ホッとした・・・・・・・。

夫も、気にかかっていたのだろう、メールなのに元気が出たなって感じる。

夕食は絶食に決まってからで、今日も水だけになった。

明日は食べられるように、そう願う。

食事が止まったってことは、退院が延びること、普通に食べられるようになるまで、退院は出来ない。

3歩進んで1歩下る、容態の回復はゆっくり気味で進んでいます。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月23日 (火)

回復は順調ですよ

天気は、全国的に荒れ模様になりそう。

今も、寝ていたのに激しい雨の音で起こされてしまった。

 

術後6日目。

廃液を溜めるドレーンが外れた。

私が行った時は、許されたシャワーから帰って一息ついているところだった。

寝巻き型のパジャマが恥かしいと、人の多い場所を歩くのを抵抗していたが、普通のセパレーツ式パジャマになって、ちょっと気分もよさそうだ。

お昼は、重湯の食事が始まった。

100ccほどの分量の半分くらい食べられたか、徐々にそれでいいと思う。

 

私が来るのを待って、2度目のストーマ取り付け方の勉強。

手順をデジカメで撮って、後で復習するつもり、何度見てもその色も形も気持ちのよい物ではないけど、可愛がってあげなくてはね。

私も粉をかけたり、固定するのを手伝ってみたけど、慣れないと失敗しそうだった。

嵌っていない部分があったりして、やり難い。

夫は、妙なところで几帳面だから、たぶん何とか乗り越えていくだろう。

 

たまには早く帰って家のことでもと、今日は4時間もいないで病院を出た。

それなのに帰ったら、もう眠たい、寝ちゃおう!

毎日出かけることが、今までの生活とかけ離れていて、私のリズムを乱している。

寝られないで眠剤を飲むほどの私が、今はどれだけ寝てもまだ寝られる。

ひょっとして、今までは楽をし過ぎていたのかなぁ~。

眠たい、眠たい。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                                  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

2012年10月22日 (月)

元気そうな顔に迎えられ・・・

土曜日は、検査のためCТ室に車椅子で来た夫に、出会った。

日曜日は、故郷の竹馬の友と電話で話している夫に、休憩室で出会った。

 

術後5日目。

一日違うと顔色まで違う、体つきもシャンとしてきた。

まだ、食事は始まっておらず水のみだが、立ったり座ったりもスムーズになり、今日は入院してから初めてテレビを見て過ごした。

大笑いをして、お腹が痛いと顔をしかめたり、家にいるようにゆったりと会話もした。

もう大丈夫って、なんだかホッとした日。

廃液袋ももまだぶら下げているけれど、明日になれば取れているような気がする。

食事も重湯が始まるような気がする。

 

 

そうなってくると、やらなければいけないことを夫に代わってしなければならない。

まず、違反切符処理。

何と言っていいのか、入院当日病院へ行く時、一方通行を違反して切符を切られてしまった。

この日、痛いのだからタクシーを呼ぼうとしたけど、朝はつかまらない。

クリニックの医師は、救急車を使ってと言ってくれたのに、あのサイレンはご近所の手前引いてしまう。

結局、自分で運転をして、近道をしたのか時間だけの決まりを知らなかったのか、入ってしまったのね。

何時もなら、私の性格だから怒ってしまうけど、今回は言うにもいえない、しかもお金を払うのまでしてあげなければならない。

仕方がないです、私当日留守をしていて、面倒をみてあげていなかったのですから。

 

「迎えに行けんくなった・・・・」

「何、迎えにくることになっていなかったじゃん。」

「駅まで・・・・」

「どうしたの?事故ったの?」

「大腸がんになった・・・」

「うそ・・・」

「痛い・・・」

 

こんな会話から、急遽セカンドハウスから帰ることになったけど、最終電車も間に合わない時間だったので、翌日始発で帰ってきたんだもんね。

 

私に出来る事はします。

元気になって、自分のことは面倒見られるようになるまでね。

それにしても、免許がないってことは、不便です、どこまでも足でテクテク。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                                 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

2012年10月20日 (土)

容態は一喜一憂・・・

夜の冷え込みが厳しくなってきました。

温度調節、難しいですね。

 

手術日から今日で4日目です。

日増しに楽になるのが本当なのに、本人に言わせると痛みも増し、日ごとに悪くなっていくというのです。

痛み止めも使わずに、歩こうとしたり、座ったり、立ったり、そりゃー無理です。

初めの内は、硬膜外麻酔を使っていたので、痛みも少なかったけど、今は何も使っていないので、せめて点滴で痛み止めをしなくては、痛いに決まっています。

私には我慢出来ないから、「看護師さんに頼もう!」っていうのですけど、もう少しこのままでって・・・・・。

食事は、体の調子から延期が続き、今も水のみ、まぁ食べても胃が受け付けないようなので、夫もお腹が空いたとか食べたいとかは言いません。

脂肪・筋肉も落ち、随分痩せました。

退院したら、体力の回復に心がけなきゃーね。

 

私は、パート出勤のように、毎日病院へ行って6~7時間は待機し、身の回りのお世話をしています。

一人では寂しい思いをするらしく、看護は看護師さんがしてくれるので、私はいるだけ、検査に行くときは付いていくだけと、まったくたいしたことはしていないのですけど、帰るねっていうと寂しそうで、病気が心を弱くしていますね。

 

今の状態では、食事が普通食になるまで日数を要するし、退院は延びるかもしれません。

元気になって退院できる日を、私はただ支えて待つのみです。

 

私、強いぞ!

疲れた身体が、睡魔も襲うけど、妙に充実した毎日です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月19日 (金)

ストーマがついた(。>0<。)

たくさんの励ましのコメント、嬉しく拝見しています。

有難うございました。

私は、体は疲れきっているけど、ココロは元気です。

負けないよ

 

夫のS状結腸癌は、腸に穴が開いて内部のものが漏れ、周囲が化膿したため、その原因を調べるより先に、悪い場所を取り除く事が早急に必要になり、緊急で手術と言うことになりました。

取り除いた部分も、私は10センチほどでしたが、夫は30センチくらいと大きく、リンパも広い範囲で除去したので、腸をつなぐのが難しくなり、S状結腸の端に人工肛門を付ける事になったのです。

ガンは、早期がんではなく、進んではいましたが、あちこちに飛び火することは、かろうじて免れ、手術で目に見えるものは取り除いていただけたようです。

後は、検査結果を待って、今後の治療方法を決める事になるのですが・・・・・・それは、結果がでてからアップしたいと思います。

 

今日は、夫についていって、ストーマの取り付け方を勉強しました。

手順そのものはたいした事はないけど、これを毎回することは、かなり面倒なことです。

「できますか?」

「もちろん、出来なきゃ退院が出来ないよ。」

これからはしばらく、検索して勉強の毎日が始まります。

 

今日で手術の日を含めて4日目、まだ水分だけを摂っている段階です。

主治医が朝、顔を出され、「今日からは、昼間は寝ないように、椅子に坐っているか歩いてください。」と。

動くと、早くに治ると言うけれど、とにかく痛い。

朝6時20分頃、「来て!」とメールがきて、私は洗濯も終わらないまま、スイッチを切って駆けつけました。

甘えん坊~~~心配したじゃない、夫は椅子に座って痛いと顔をしかめていました。

手術したんだもの、痛いのは当たり前です。

 

よく歩いています。

先生の言う事は、素直に聞いています。

 

私は、毎日一万歩以上歩き、ゆったりもしない時間を過ごし、家に着いたらソファーで寝ちゃう有様ですが、頑張るからね。

明るく前向きに、これからの私たち夫婦の行く末は、私の肩にかかってるって、オーバーに思いながら、引っ張っています。

笑っていなきゃ、笑わなきゃ、明るく、明るく・・・・・。

 

夫は、落ち込んでなんかいません。

前向き前向き、自分に戒め前を向いています。

私たち夫婦、頑張って生きていけそうです、今のところo(*^▽^*)o

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                          

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月18日 (木)

緊急手術に・・・

おはようございます。

ご心配をおかけしています。

 

10月16日、夫が緊急手術をしました。

私は、金沢から始発に乗って病院へ・・・・・・

 

初診を済ませ、歩いて検査に廻っていた夫は、お昼頃、緊急手術を宣告され、いつの間にか車椅子になり、そのまま手術室に連れて行かれました。

 

付き合いのいい夫は、私に合わせて『がん患者』になってしまいました。

しかも同じ『S状結腸癌』

腸閉塞も起こしていて、日を置くと悪化する状態でした。

 

明るい夫婦でいたかったのに、悲しい夫婦になりました。

 

今までいっぱい面倒をみてもらい、世話をかけてきたから、今度は私が交替します。

何時も言っていたじゃない・・・・一緒に闘っていこうって。

今日からは、本当に一緒に闘うことになっちゃったね。

 

 

決して、楽観視できる状態じゃないけど、手術は丁寧にやっていただいて、目が覚めた夫は、顔色もよく話すことに不自由はありません。

 

詳しい事は序所に書いていきます。

今日は、ここまで・・・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

 

2012年10月17日 (水)

お知らせ

おはようございます。

                                        

私にとって、とても悲しいことがおきました。

昨日は朝4時から、一日中バタバタしていました。

今日、落ち着いたらそのことをアップしますが・・・・・・・・・

無理かもしれません。

                                   

笑って暮したいと思っていたのに、一人になると涙が流れます。

                                  

もうじき7時、出かけます。

                                         

                                          

コメントを書いてくださってありがとう。

必ず、遅くなってもお返事します。

                                          

                                            

                                             

                                          

                                               

                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月16日 (火)

ちいさんと一緒♪

約2カ月ぶりに、ちいさんと会うことが出来ました。

私の、金沢でのたった一人の友達です。

白血病を患ったちいさんは、決して健康に自信ありというほど、元気いっぱいということはないですが、それでも、明るい笑顔を何時も見せてくれます。

 

今日は、先月行った時定休日だった「花もみじ」さんにリベンジです。

創作料理の店、楽しみです。

 

001


ちいさんの「花かごランチ」美味しそうでしょう?

 

003


私は「プレーとランチ」スズキのポアレです。

 

002004_2

サラダ             金時草の生クリーム仕立て。

 

コーヒーとイチジクのコンポートが付いていました。

まずまずの美味しさ、お店は混んでおりました。

 

 

ちいさんも、バラ園に案内しようと思っていたそう、続けて行くのも詰まらないし、今日もカラオケ屋さんに直行しました。

ここが一番、安くて長くいられる最高の場所です。

私は、何時も言うように歌は下手なんです、もう恥ずかしいくらいにね。

ちいさんは、何をやらせてもお上手、役者さんですからね。

2時間以上、話したり歌ったりして楽しく過ごしました。

 

みーこさんの形見分けを、御主人から預かったそうで、今日いただきました。

何時までも、心の中にいるみーこさん、今日も一緒に遊んだよね。

「楽しかったね。」

 

次回の予定は・・・・・内緒ですよ~~~~ん。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月15日 (月)

秋咲きのバラを見てください(^0^)/

娘の友達から、バラが満開だと聞きました。

それじゃ行かねば、今すぐに。

 

金沢総合運動公園の中に、1600平方メートルの広さを132種類のバラが咲き誇っている「バラ園」があります。

春は5月中旬から6月上旬まで。

秋は10月下旬から11月中旬まで。

24時間出入り自由なんですよ。

昨年は、春のバラを見に、ちいさんと行ったのですが、まだ早かったようで、2~3本しか咲いていませんでした。

 

004005


009011


014_2015


017019


022026

027031


033038


010


016


018





020

039


ネームは付いていましたけど、覚えられず・・・・・

プリンセスミチコ・プリンセスアイコは上の写真にあると思います?

 

もっとアップしたい、写真はいっぱい撮ってきましたけど、この辺で止めます。

きりがないですもの・・・・・。

秋のバラ、本当は知らなかったんですよ、バラは春とばかり思っていました。

こんなに咲いてるなら、毎年見に行きたくなりますね。

 

 

 

 

 






にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月14日 (日)

カレーの味

金沢には、「チャンピオンカレー」と「ゴーゴーカレー」という二大カレー専門店があります。

どちらも、赤味噌かと見間違いするほど、ドロドロのカレーで、特徴はキャベツが付いてることでしょうか。

トッピングは揚げ物、豚カツが有名です。

 

001


見たところは、写真ですので美味しそうに写っていますね。

定価550円の並み盛り定番カレーです。

味は、ちょっと辛め、あーちゃんが挑戦したけどギブアップしました。

娘も、何時もなら食べきるのに今日は残してしまって・・・・・

私は、もう初めから豚カツの脂臭さとカレーの味に、スプーンが進みません。

豚カツは、ひーちゃんが半分食べてくれましたから残しませんでしたが、ご飯の量の多さに閉口しました。

実は3回目なんですよ。

今回の味は、どうしたことか美味しくなくて、私、もうこのカレーは食べないと誓言しました。

何時までも胃に残り、冷や汗が出る始末、やっぱりさっぱりとした和風の食事がいいですね。

 

愛知には、「CoCo壱番屋」という全国展開のカレー屋さんがあります。

金沢では、柔らかいカレーが受け入れられず、すぐ撤退したとか婿が言っておりましたが、私にはやっぱり愛知の味のほうが合うようです。

愛知生まれだから、当たり前ですね。

 

たかがカレーだけど、お国柄のように味に違いがあるようです。

でもね、誰でもが美味しいとおもう正解は・・・・

「ママの作ったカレーのほうがおいしい。」

と、つぶやいたあーちゃんの言葉の中にありました。

家庭の味が、一番だよね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月13日 (土)

働いた~~~

曇っていて涼しそうだったんで、今日は草取り。

剪定ばさみで、大きなものは切ってから、抜けるものを抜く。

しばらくやってないと凄いんだよ、セイタカアワダチソウやドクダミ、もともとある蕗、シオンのような菊は、私の背まである。

花の終わった木は、無造作に枝をのばし、狭い庭なのにジャングルみたい。

手あたり次第に枝切りを5~7本、ゴミ袋10個では足りないくらいのその成果、でもね終わったら、明るくなって広くなって、これでお日様も地面まで照らしてくれます。

 

001


いつの間にか晴れてきて、私は汗を落としていました。

少しは絞れてダイエット期待・・・・・変わらなかったよぉ。

 

それにしても、ここの住民はどうして草取りをしないのだろう。

時々来る私の仕事になっていて、まるで見ぬふり、お気楽さんだね。

 

 

 

来週は帰ろうと思っているけど、その前に花も植えておかなければ・・・・・

玄関先に花があるとね、前を通る人が「幸せ家族が住んでいる。」と思ってくれるんだよ。

どんな家族なのかなって、心の中でささやいてくれるんだよ。

 

「幸せ家族」じゃなくってもね。ホッホッホ・・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

2012年10月12日 (金)

秋の夜長は・・・・

娘は猫と一緒に大きくなった。

寝るときは抱いて、何時も横にちょこんと座って子分。

 

「猫に触りたい~~~」

ここでは飼っていないから・・・・・・・

 

Cocolog_oekaki_2012_10_05_00_42

 

絵で我慢してって、落書きを一枚。

 

「可愛くな~~~~~い!」って、失礼じゃない(-_-X)

 

夜も長くなりましたので、母娘、お茶をしながらバカ話。

こんな夜もいいわね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月11日 (木)

幻想的な二つの光

朝方は、爽やかな風がふいていました。

が、天気はどうも下り坂のようです。

北陸で突風の注意、流行りの竜巻はごめんですよ。

 

003


部屋に秋を漂わせ、乙に要り・・・・・

 

 

 

先日アップした『彩雲』翌日の新聞に出ておりました。

でも変、ひょっとして『彩雲』じゃないかもしれません、説明がないのです。

題名は『幻想的な二つの光』

 

001


この中央の輝いているのが「幻日」太陽に似た光の柱。

私は、これは家に隠されて見ておりません。

 

上部のぼんやり色付きで見えるのが「環天頂アーク」

どちらも太陽光が大気中にある氷の結晶で屈折し、一定の場所に集まって光る現象で、環天頂アークは、太陽高度が32度以下の早朝か夕がたしか現れず、二つの現象を同時に観測するのは珍しい、と書いてあった。

それで、右の縦にある虹のようなものは?

何の説明もありません。なんでよ~~~~

 

003_2


これを、どう説明してくれますか・・・・・・

私には、これだけしか見えなかったのです。

せっかくのチャンスだったのに、ちょっと悔しいね。

 

これからは、もっと空を観察して、自然現象捕えますね。

意外と多く、年に何度も見られるそうだから、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月10日 (水)

誕生日のお返しも済んだ・・・・・

冷えておりますね。

各地で最低気温を更新しています。

冷やっこい朝、嫌いじゃないです、気持いいですもん「スカッ!」

 

娘は先月誕生日。

私の誕生日に、私の好きなお店のワンピとベストをプレゼントしてくれたので、お返しが待っていました。

何を返そうか・・・・

私の提案は、娘のプレゼントの金額+α、それでお好きな洋服でも。

もう喜んで、あっちこっちのショップにフラフラ、なにしろお洒落な娘で、基本は揺らがないけど流行はしっかり取り入れています。

こんな時は、まるで高校生だった頃の娘、すでにかなりのお年なのにね。

 

カーディガン・細いピッタリパンツ・民族調のマフラー、予算はしっかり使ってお気に入りを見つけたようです。

ありがとう!

いえいえ・・・・・

 

私の楽しみは、ランチだけ。

さて、今日は何を食べようかな。

 

001


体が要求するように、どうしても食べたくなった「カキフライ」定食。

美味しかったぁ~熱々でジュワ―とジュウシーで、ただね、小さいうどんだったけど、ご飯と両方は食べられません。

残してしまいました、ごめんなさい。

 

004


こちらは、ひれかつ定食。

お蕎麦と松茸ごはん、すべて完食しました、さすが娘。

 

夕食は、肉じゃがと卵焼き。

 

この頃、本当によく寝られます。

一時は睡眠導入剤のお世話になっていたのに、夜、ご飯を食べて部屋に戻ると、毎夜ウトウト。

痛かった胆管結石も、最近は沈黙しています。

体の周囲の脂肪だけは増殖中、私の人生マックスを更新し、先知らずです。

乳がんの再発リスクを高める肥満、本気に痩せる努力が必要になってきました。

さて、何から始めようか・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月 9日 (火)

『彩雲』撮りましたよ~~

石川に来る日、愛知の最寄り駅の空には、大きな虹がかかっていました。

虹なんて、本当に久しぶりヽ(´▽`)/

 

いいこと、ありそう・・・・・

 

 

昨日、買い物の忘れがあるとかで、娘とスーパーへ。

その時の話題が、『彩雲』

ブログでは、しろさんがアップしていらっしゃったわ。

夫も、携帯で撮った分かりにくい『彩雲』を見せてくれたっけ。

そんな話をしながら、空を見たの。

 

あ、れれ・・・・・・

あれ、違う?

どれ、あ~~~~

彩雲だぁ~~~~~

 

001


筋雲が流れていてね、そこにあったの。

 

002


これ、「彩雲」でしょう?

 

その偶然にビックリしました。

こんなにきれいなのに、誰も空を見ていないの、もったいないね。

 

 

夜は、りゅう座流星群を見ようと大空を見上げたけど、何時ものようにきらきら光る満天の星空じゃなくて、一つも流れ星を見つけられませんでした。

ー願いごとー たくさんあったのにな。

 

でも、私にはいい日でしたよ。(o^-^o)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月 8日 (月)

きのこの山のきのこたち

今年の松茸の出来は、豊作でしょうか。

我が家は、松茸を買えるほどに裕福でもないし、誰かから届けられる、奇跡もありません。

だから松茸が、食卓に上ることもないのですよ。

私は、子供の時あの匂いを嗅ぐと気持が悪くなり、必ず戻しました。

今のように高値でもなく、山に育っていたので松茸などはそこそこにあり、貧乏人でも口に出来ました。

あの臭い松茸が、貴重品になる日が来るとは、幼い私には想像もできませんでした。

へぇ~~~と思う七不思議です。

 

山は、この時期いろいろなきのこが生えていて、まるで『きのこ祭り』です。

食べられるのか、食べられないのか、素人には分からない世界、だから取るんじゃなくて撮ってきました。

名前も、???ですよ。

 

001 

 

 

 

 

 

 

 

広い範囲に生えていました。

見た目は、食べられそうです。

 

002_3


この色は、何処から見ても毒きのこ。

 

016


白いきのこ。

 

017


なめたけのような・・・・・

 

018


色がね、ピンクじゃね。

 

023


しいたけに似ている。

でも違うよ、似てるだけです。

 

015


これも一見、食用きのこに見えるけど、どうなんだろう?

 

016_2

 

何も言うことないですね。

 

 


他にも、黒いきのこ、大きなきのこなんてあったけど、気持ち悪いから撮るのを止めました。

赤い水玉みたいにきれいなきのこは、日本には少ないのか、ついぞ見かけませんでした。

 

「きのこの山のきのこたち」いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

ひーちゃんの誕生日の夜

10月7日

私の孫ひーちゃんの誕生日です。

8才になりました。

 

013


この子の誕生からは、私の病気の歴史。

一度も抱っこをしたことのない子です。

大きくなりました、そして私は元気です。

 

「ねぇ、ちるみさん、ボーリングしたとき、この音楽流れていたね。」

「じいじと、ボーリングしたときのこと?」

「そうだよ。」

その時は、ひーちゃんはまだ3~4才、保育園に行っていたときです。

勿論、私はメロディーなど覚えていないし、ひーちゃんと音楽の話しをしたこともありません。

テレビから流れてきた嵐の歌、それをボーリング場で聞いたのですって。

歌も嵐も、その時点では知らなかったのに、メロディーだけ記憶に残ったのです。

こんなことがたびたび、いきなりトム&ジェリーで流れていた、パパが見てたドラマの歌だって、何年もたってから言うのです。

メロディー以外は、題名も何も知りません。

 

私の夫も、聞いた曲は3才から覚えてる、そういう記憶があると言います。

夫は音楽が大好き、これって遺伝なのかなぁ~

 

ひーちゃんは、今のところ歌うのが好きと言うことも、音楽好きという傾向もみえないけど、メロディーだけはわかる。

「うまく、伸ばしてあげたいなぁ~」

夫の言葉です。

 

海の物か山の物か分からないような、未知数の才能がある。

それを如何に伸ばして形にするかは、親の責任だけど・・・・・・・

 

健康だけど、成績は芳しくなく、褒めるところもないひーちゃんだけど、本当はきらりと光るゲンセキを隠し持ってるかもしれない。

ちるみさんは、そこんとこに希望を託したいなぁ~。

 

10月7日

ひーちゃんの誕生日の夜、私が思ったことでした。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

2012年10月 7日 (日)

今日も森林公園で孫と遊ぶ

昨夜も夜半過ぎ、ぽつぽつと雨の音。

毎日、空の中央が黒い雲に覆われ、何時雨が降ってもおかしくない、そんな天候の毎日です。

新聞の天気予報は晴天、石川県の何処の天気なのでしょう。

 

 

曇っていたけど、孫たちと2日連チャンで、「森林公園」に行って来ました。

今日はお弁当持ち、ただし手作りじゃなくてコンビニ使用、おにぎり・から揚げなど好きな物を持って、車で出発です。

「子供ひろば」で、今日はお弁当を食べます。

小さい子が10数人遊んでいて賑やか、あーちゃんもひーちゃんも、着いた途端に走りだしました。

 

012

向こうに見えるのは迷路の家。

 

011_5


あーちゃんの走って来た終着点は、ひーちゃんが待ってるここ。

小屋の向こうに、アケビがぶら下がっていました。

 

005ひーちゃん、走れ!

 

 

 

 

009_6


私も、タイヤの上を歩いたけど、こんなことがスムーズに出来なくて驚き。

「落ちたら困るから、止めたら・・・」と、娘。

タイヤから降りた時、足首を捻った、痛い!「大丈夫だよ。」

 

014


どんぐりは、そこらかしこにあります。

 

しばらく走り回っていたけれど、飽きてきたので場所変え、動物園に行きました。

シカは、遠くの方の小屋に固まっていたので、今日はパス、猿舎に向かいました。

 

020


ちいちゃな赤ちゃん猿もいて、可愛い!

026


今は可愛くないけど、赤ちゃん・ウリ坊の頃はいいよねぇ。

それにしても、「臭い!」

 

ちょうど食事の時間と重なったので、タヌキ・キツネ・テンなどの舎も見て歩く。

鶏の頭のようなものをもらって、ガツガツ食べていた。

最後にうさぎ舎でしっかり遊んで、亡くなった動物の墓に手を合わせてから帰ってきました。

 

029

またまた、楽しく遊んだ一日でした。

 

夕ご飯は、「栗ごはん」を作ってくれました。

美味しかった・・・・・・

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

2012年10月 6日 (土)

森のレストラン

何時も行く私の大好きな公園、「森林公園」にレストランがリニューアルしました。

その名は 『森のレストラン』

 

012


インフォーメーションセンターの中にあります。

だだっ広い公園にまばらな人、前のレストランも土日しか開いていなかったけど、今回のレストランは普通に開いている模様。

やって行かれる?

 

森に面したガラス張りの内部から、外を歩く野生のキジなどが、運が良ければ見えます。(私は見たよ。」

メニューは、カレー・スパゲティ・ピザ・豚汁定食・ケーキセット・・・・・

私は、カレーメニューから鶏肉カレーをチョイス、鶏肉はスプーンでも骨からはがれるほど柔らかい。

 

003


色合いがね~お味噌がかかってるみたいで、いまいちだねぇ。

 

娘は、ピザメニューの中からナスのピザセットをチョイス。

 

005

お互いに味見、カレーはじっくり煮込んだ具が溶けてしまったもの、辛いけど美味しいです。

ピザは、チーズがとろとろ、塩が少し効きすぎかと思った、一切れでいい。

 

金曜日だったけど、お客さんはわざわざ車で来ておられて、それなりに席は埋まっていました。

食事タイムを外してくれば、お茶をしながら何時間でも寛げるそんな空間にあるお店、自然の中でまったりするにはお勧めです。

 

009


この芝の階段を登って行くと、『ミ―シャの森』があります。

歌手のミ―シャさんが、生物多様性の活動でこの場所に来られました。

 

013_2


この場所は、楓がたくさん植えられていて、見事な紅葉を見られるのだけど、まだ早いですね。

秋が深まったら、行ってみたい素敵なポイントです。

 

今日も、孫たちを連れてまた行こうって・・・・・お弁当持ってね。

ここに住んでいたら、歩いて行けるお散歩コース、ギンナンの頃・山栗の頃・恩恵にあずかれます。

季節を歩く、贅沢な時間。

その時、私はすっごいセレブですよ、本物のね。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

2012年10月 5日 (金)

木曜日、朝から夜まで

10月4日夕、明日の天気予報が素人でも出来るような、夕焼け。

 

012


蜘蛛も喜ぶ?

 

孫たちが遠足・社会見学に出掛けたので、朝ご飯はお弁当の残り物でした。

ちょこちょこ食べるの私は好き、朝からカロリーを取ってしまいました。

 

007


このハロウィンかぼちゃは、娘が包丁で切ったんだって、よくやるよね~

卵焼きは美味しかった、娘は上手に焼くの、普通の丸いフライパンでね。

子供のいる家でなきゃ、ウィンナーは食べないわ。

食べ過ぎ、かもしんないね。

 

社会見学のの行先は、浄水場と手取りダム。(小4)

遠足は富山ファミリーパーク(小2)

 

セカンドハウスに来て、花が無いなぁ~って思ったけど、見上げたらね、物干しまで占領した朝顔が、涼やかな色で咲いているじゃないですか。

この花、私の部屋の前に植えたのに、そこいらには咲いていない、何で!

 

001


高い空、同じ色の空を目指して登って行ったの?

色が同化して、目立たないけど、上に行くほど元気がいいんだよ。

やっぱりね、空に恋してるんだよね。

 

幸せになあれ

 

 

夕焼けを含めた景色も、お腹を満たした食べ物も、好きな色の朝顔も、ごっちゃに混ぜてお届けします、今日の日記です。

 

夕焼けの3時間後、外は音を立てて雨が降っていました。

この世は、予想が本当に難しい・・・・・

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ                                   

2012年10月 4日 (木)

鬼の居ぬ間に

大きな黒い雲に覆われて、でも雨の降るような気配はない。

いや、にわか雨降るかな。

 

10月半ば過ぎまで、別居生活が続く我が家、今頃は仕事に行ってるかしら。

初めは、こんなに長く家を空けたら、洗濯も掃除も、ましては食べることも、今まであまりしたことがなかったので、不安だったけど、なんとかなるものですね。

そりゃー洗濯物なんて、すごいたたみ方、箪笥の引出しにゴテっと入っています。

掃除は、私も不得意だから変わらず、食べることは今時苦労をしなくても、お金さえだせば何でもあります。

夫の出来る料理は、片手の数くらい、ほとんど温めるだけのもの、少々の手を加えるものなど買ってきて、自分なりに調理しているようです。

今回は、フライパンで焼けるシートを買っておいたから、魚やハムを焼くというもう一つ高度な料理も挑戦できるかもしれません。(

 

「私がいないと、困らない?」

「いると助かるでしょう?」

 

「全然・・・・・・」

 

セカンドハウスに好きなだけ行っていても、問題は無いようです。

 

それどころか、私がいなくなったら、録画してあったプレミアムの番組三昧とか、音楽三昧の日々だとか、行くのを待っているみたいで、癪にも触りますね。

コーヒーは、ブルーマウンテンを買ってきて飲もう!

お茶は、高級茶を買ってこよう!

飛騨牛のステーキ肉も!

ウィスキーは余市!

 

「はい、はい、どうぞお好きに」

 

口うるさい私が居ない間に、やってやろうなんて、

「この、愚か者!」考えることが小さいよ。

 

帰ったら、ちょっと痩せて、冷蔵庫も空っぽで、何時もの家の中で・・・。

 

言ってみたいのですね、一言、二言、三言。

 

 

003


    娘とのランチ、「親子どんセット」どちらも小、安い500円玉でOK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

2012年10月 3日 (水)

腰の曲がったお婆さん

セカンドハウスの近所に、腰が90度曲がったお婆さんが住んでいました。

最近はお眼に掛かることもなくなりましたが、田舎の働き続けて生きてきた生活がその体を作ってしまった典型のような方です。

歩くのも早いし、姿を見るときは何時も働いていました。

 

過去形になっているのは、そのお婆さんは今年夏前にこの地を離れたからです。

と言っても、今住んでいるところも同じ地区にあり、セカンドハウスの近所に少しばかりの自分で山肌を耕して作った畑があるので、そこに時々来るのです。

姿は見かけます。

 

どういうきっかけだったか、娘たちが越してきた端から、このお婆さんはよく玄関に訪れました。

孫に、汚れてしまった絵本を、おもちゃを届けてくれたり(お婆さんの孫の物)野菜をくれたり、私も何となく話したりもしていました。

 

ある日、電動自転車に乗って買い物へ行く途中に転倒、もう歩けないのではと思っていたけど、奇跡的な回復、車椅子に乗りながらも、這いずって畑の世話をしているのです。

手は事故で不自由になり、縛ることや切ることは、娘が呼び出されてお手伝いに行っていました。

その頃の家は、同じ組に属していたし遠くはないので、むしろお年寄りの面倒をみてあげてる娘を誇らしく思ったり、出来ることはしてあげなさいと奨励もしていました。

分からない手続きも娘に聞きに来る、信頼もしていたようです。

 

前に言ったように、今年の夏前に引っ越されました。

同じ町内の、違う地域に家を借り生活を始めました。

でも相変わらず、娘にお手伝いを頼みに来るのです、それも前は軽い手作業だったのに、今は車で運ぶ仕事、例えば錆びだらけのトタン板を運ぶとか、雨に濡れたモミを運ぶとか、娘は嫌がっています。

だって、一応ボロ車だけど普通車です、車内に入れて運ぶような物じゃないです。

その上、「電話番号を教えて欲しい。頼むのに必要だから・・・」って、それ図々しくないですか?

頼まれれば、断ることなんて出来ません。

今日も電話で呼び出されてでかけました。

お手伝いは仕方がないけど、他人です、せめて大きなお孫さんがいるのだから、そちらにしてもらって欲しいです。

言ってもしてくれん、そういう問題じゃないよね。

 

何でもいいけど可哀そうなお婆さん、見てるとその後ろ姿が哀れに思います。

お婆さん、もうそんな身体で働くの止めなよ、国は身障者だもの、面倒みてくれるよ。

そう言いたいです。

 

Cocolog_oekaki_2012_10_03_04_32


 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

 

 

 

2012年10月 2日 (火)

セカンドハウスライフの始まり

空はどんより、涼しい朝でした。

 

昨日、台風も過ぎてしまいましたので、夏以降少し間が空いてしまいましたが、セカンドハウス行きを決行しました。

いきなり秋、そんな景色を想像したけど、空が低くなったな・・・くらいの感想です。

台風一過と言えば、晴天を思いますが、特急電車しらさぎの外は、陽が眩しくてカーテンを閉めた出発時点から、黒い雲に迎えられたり、霧状の雨だったり、土砂降りだったり、また青空が覗いたり、くるくる天候は変わっていました。

終点金沢も、水たまりが出来ていて、雨上がりということでしょうか。

 

そしてセカンドハウス、私が来ない期間が長くて、庭は草がぼうぼう、玄関先の花も枯れかけています。

また働きがいあり、の日々でしょうか。(

 

孫を囲んだ食卓は、何がなくてもおいしいです。

何時もの夫婦だけでもおいしいけど・・・・・

今晩のメインは、鯖の味噌煮でした、+小松菜おひたし、豚汁。

 

004


出来上がったものを、いただくだけの私、文句など出ましょうか。

「とてもおいしゅうございました。」

 

何だか疲れてしまって、食事の後部屋に引き揚げてからウトウト、まだ寝ないよ、なんて答えていたのに、いつの間にか眠り込んでいました。

目が覚めたら3時、改めてしっかり2度寝させていただきました。

 

朝7時。

「○ちるさん、行ってきま~す。」

孫たちは、元気に登校して行きました。

 

さて、今日は、何をしようかしらん?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ