« 喉から手が・・まだ読みませんよ。 | トップページ | 夫の研究心に火が着いた? »

2012年11月10日 (土)

澄んだ青空に誘われて

澄み渡る青い空が、家の中にいるのは勿体無いぞって言ってるようで、外出日。

何処へ行こうかな?遠くは疲れるし、近くには秋はいないし、いえ探せばあるけどね。

夫が、小牧でもと言ったので、そっちに向かってゴー。

車で1時間少々のところに、お城があり、明治村があり、湖があるけど、今日は入鹿池にいきました。

ここは、ブラックバス釣りが有名で、我が家の子供も小さい頃は遊びに行っていました。

紅葉を楽しみに来たのだけど、少し早かったようです。

                                       

Img_8746

ボートがたくさん出ていました。

みんな釣りのため、なにしろ時間貸しじゃなく一日貸しなんですから。

                                          

Img_8748

お隣にある「明治村」の建物が少し見えます。

明治時代の建物が、数多く建っていて、ここはとっても素敵な場所だけど、病上がりの夫と私では、広い村内を回りきれません。

電車も汽車も走っていて、それを利用すれば回れない事はないですけど、時間が・・・もう15時でしたから、もっと早く家を出ねばね。

計画無しの外出です。

                                          

Img_8751

秋色に染まる桜の木。

空の澄んだ青さが、目にまぶしい。

                                         

家でゆっくりしてるのもいいけど、少しでも外の空気に触れてるほうが、病後にはいいような気がする。

歩数を、一歩一歩増やして、体力回復をしてもらわねば、それにしても疲れてしまうのは何時も私、なんちゅう体力のなさだろう。

二人三脚、明日も一歩、二人で歩いて行こうね。

勿論、助け合ってよ、いえ助けてよ、かも・・・・・

                                           

                                             

                                             

                                         

                                          

                                            

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

« 喉から手が・・まだ読みませんよ。 | トップページ | 夫の研究心に火が着いた? »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喉から手が・・まだ読みませんよ。 | トップページ | 夫の研究心に火が着いた? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ