« まいったなぁ~腸の中はポリープがいっぱい・・・ | トップページ | でも・・・・・・ »

2012年11月17日 (土)

同室の老人は迷惑爺さん

冷たい雨が降っています。

昨日はあんなにいい天気だったのに、今日は終日傘をさす日になりました。

 

今回の夫の入院は、腸のポリープ切除跡の回復のみなので、安静にして寝ているだけ、食事も点滴で腸を使っていないので、ストーマもきれいなままです。

私が行っても、さして仕事はないけど、一人でボンヤリしてるのは退屈なので、来ないでもいい、とは言いませんね。

二人で読書・・・・週刊誌を読んでいます。

テレビは見ないと決めているって、カードは置いてあるのにスイッチを入れないので、休憩室へ行こうか?と言っても、「安静にしてる。」だもんね。

 

やっと頭の中のモヤモヤも取れたのか、私の言う事を頭に止める事が出来るようになりました。

「ポリープが幾つあったんだ?」

「また、あのニフレックスを飲まなければいけないのか?」

「抗がん剤は遅れるって?」

「ストーマ外来はどうなるんだ?」

私に分かる事は答えるけど、他は自分で聞いてよ。

 

夫は窓側だけど、廊下側の老人、夜間もベルを鳴らし続け寝られないって・・・。

私が来てからも、10分置きくらいに看護師を呼ぶベルを押しています。

すぐ飛んできて「どうなされました?」

お菓子をとってくれ、書くものが欲しい、紙をとってくれ、パジャマを替えてくれ。

こんなの自分ですることで、いちいち看護師さんの手を煩わせることじゃありません。

その上、深夜の急患で忙しい時に、読んでも来ないと300回もベルを押し続け、どれほど説明されても、来る人来る人に〇〇看護師が意地悪をして来てくれなかったと言いつけ、それを私がいる時にも、先生に、奥さんに、別の看護師に、悪口三昧。

嗜まれていたけれど、一緒の部屋の者には迷惑なじいさんです。

私もつい、聞こえる声で「これじゃ寝られないね、父さん眠剤もらってね。」

皮肉を一言、聞こえたかな。

同室の方に迷惑だから、個室に移動するよう促されていましたが、お金がかかるし・・・・だって。

ここは、救急拠点病院、老人専門じゃありません。

 

さて、夕べは寝られたでしょうか。

これから、出かけて見ます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ                                           

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

« まいったなぁ~腸の中はポリープがいっぱい・・・ | トップページ | でも・・・・・・ »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まいったなぁ~腸の中はポリープがいっぱい・・・ | トップページ | でも・・・・・・ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ