« レ・ミゼラブルを楽しんだ | トップページ | 「ミチル」って名前にムズムズ・・・ »

2013年1月25日 (金)

「歩きかた」を学ぶ

風が冷たい一日。

今日も病院へ、診察・リハビリに出かけました。

夫が勤務日だから、一人で駅までてくてく、転ばないようにの注意が自然に口からでてきます。

・・・・・・踵から、踵から、踵から・・・・・・・

 

何故私が転んだのか、その原因が最近の歩き方にあるような気がして、骨折から歩く用事があるときは考えてきました。

私の歩き方は、右足は踵から進み足全体を付き指先で払う、左足は全体を低く出し地面を擦るように歩く、完全に年寄の歩き方で、躓きやすいものでした。

こんなことも、骨折するまで意識したことがなかったけど、私の歩き方では何時か今日の日のように、怪我をする日が来るのは当たり前だと気づきました。

踵から進み、足を付き、指先で地面を払う。

踵を出すとき、つま先は上がっているため、わずかな段差にも引っ掛かることがなくなります。

「歩き方」で検索したんですよ。

これからは何時でも、踵から、踵からを繰り返し、妙な歩き方をしていた私の癖を追いやらねば、同じ過ちを犯すのは愚かですもんね。

 

リハビリは、先日と同じ流れで、腕の裏側の手術周りからを温湿布・超音波の後、ひたすら揉みほぐしてくれました。

ここが固くなったままなので、柔らかくしないと肘の屈折に支障が出ます。

痛いことはしないのに、終われば汗が出ていて、緊張してるんですね。

握力は右16、左8・2。これでも進歩していますよ。

 

診察は、レントゲンを見て骨はきれいに治ってることを確認、右腕は装置を時々外して日常生活を、左はリハビリに励むことのみ、今真剣にやらないと動かなくなるそうです。

腫れていてげんこつも出来ない手をみながら、「動くようになるのだろうか・・・」不安になります。

でもやるきゃないね!                        

 

Img_8967


                 最近読んだ本。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

« レ・ミゼラブルを楽しんだ | トップページ | 「ミチル」って名前にムズムズ・・・ »

骨折」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レ・ミゼラブルを楽しんだ | トップページ | 「ミチル」って名前にムズムズ・・・ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ