« おじさんの背中 | トップページ | 通院も楽しくね♪ »

2013年6月10日 (月)

いくつに見える?

「お婆ちゃん元気だねぇ~おいくつ?」

「幾つに見える?」

 

最近、町での会話も、テレビで見ている会話も、はじめはここからスタートします。

自分から、年齢を言わなくて、相手に当ててもらおうとします。

これって、見た目より少し若目に答えるよね、だって実年齢より上を言うと、どんなお年寄りでも気分を害されるでしょう。

5歳くらい若く答えるのが、相場かしら?

そうしたら大抵、顔面いっぱいの笑顔で得意そうにいうんですよ。

「もう80才になるだよ!」

それくらいに見えるけど・・・・・

 

シニア世代以上の年代の方は、相手からの見え方を重視して、そちらに重きを置きます。

もし、答えた年齢が実年齢より若かったら、「ピンポン当たり!」なんて誤魔化してしまうかもしれません。

まぁ、正直に答える義務はないですからね。

 

ただ、答えてくれた年齢は、少しサバを読んで、相手に気持ちの良い数字を言ってくれてるんだって、思った方がいいですね。

誰でも、相手を不愉快にすることは望みません。

 

私は、すぐ実年齢を答えちゃいますよ。

ところが最近、自分の年がパッと出てこないのです。

63才だったか・・・・64才だったか・・・・

若く言うつもりはないのですけどねぇ~~

 

Cocolog_oekaki_2013_06_10_16_15

                                             

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

« おじさんの背中 | トップページ | 通院も楽しくね♪ »

お絵かき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おじさんの背中 | トップページ | 通院も楽しくね♪ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ