« 無事おわりました・・・・ | トップページ | 通院日 »

2013年7月 4日 (木)

痛かったんだよ~~~(´Д`)

抜釘手術から一日たちました。

昨夜は、自分の手なのに、触るのも気色の悪いブヨブヨ感で、感度もなく、何時になったら麻酔が抜けるやらと思っている間に寝てしまい、起きたときは少し腫れていたけどもとに戻っていました。

夜中に痛くなるかと、薬の準備もしていたが、全然、痛みなど感じません。

抗生剤だけ飲んでいます。

 

手術の日は・・・・・・

昼12時に診察室へ、これからの予定を説明されました。

先生に、点滴は痛いから、なるべく痛くないようにって、お願いもしっかりしました。

 

12時45分手術室へ・・・・・・

寝巻に着替え手術台へ、初めは点滴です。

先生も気をかけてくださり、かなり慎重に右足・左足・また右足・左足、温めて何度も失敗し、最終は弁慶の向う脛にぶすっ、私の肩は看護師さんがしっかり抱いて、手を握り締めて、声をかけてくれます。

声を止めることは出来ないです、悲しいほど痛い。

次は、麻酔の注射・・・・・・

これは、見えないのでどういうものか分からないけど、脇の下あたりに時間をかけて1CC、2CCとか分けて注入されます。

これも痛いのですが、先生が「足の点滴が我慢できたから、こっちは少しましだよ。」と、そうでもなかったのですけどね。

この麻酔が、効かないところがあったので次は局所麻酔、そのうちに腕は熱くなり、神経を感じられなくなりました。

抜釘手術・・・・・・

顔の上に、カバーを被せてあるので、何をしてるのかわかりません。

消毒を腕全体に塗り、術跡を切ったであろう・・・・・其の後は、金具を骨から離すこと、引っ張られて「あれれ!」と思ったり、まぁ想像的だけどいろいろされていました。

「まだ終わらない?」

「うん、しゅじゅつを初めて22分だよ、後は縫うだけ、10分くれるかな。」

「何針縫うの?」

「1,2,3、、、、6針かな。」

 

先生は、点滴準備で1/3、麻酔で1/3、手術で1/3の気持ち的時間配分といったけど、それくらいで終了しました。

最高の痛み、普通の痛み、手術は痛くなかったけど、時間はかかって3等分、なるほど。

 

服を着替えさせてもらって、手術室を出たら、夫が待っていました。

ふぅ~~~~~~~

イベントは終わりました。

 

Img_9727


ただいま真っ盛り、夾竹桃です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

« 無事おわりました・・・・ | トップページ | 通院日 »

骨折」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無事おわりました・・・・ | トップページ | 通院日 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ