« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »

2013年9月26日 (木)

「ごんきつね」読みましたか?

今年は、「新美難吉」生誕百年のあたります。

そこで、彼岸花を見ることももちろん目的でしたが、こちらも是非と思って出かけました。

なにしろ、ほとんど閉じこもりの私、出かける時はまとめて欲張りになります。

 

Img_0560


若くして、結核で亡くなられてしまったけど、幾つかの誰でも知っている童話を書かれました。

 

 

多分、知ってらっしゃるお話と思うけど、プチッとすれば読めます。

短い童話ですので、ぜひもう一度読んでくださればって思うんです。

とくに「ごんきつね」悲しいお話ですよね。

 

Img_0532
ここは、こきつねが手袋を買いに行ったお店です。

この隙間から、そって手をさし出したのですね。

 

Img_0536
おじいさんのランプの木です。

私、知らなくてこのブログを書くとき読みました。

 

 

 

Img_0525_2


ボランティアさんがやってるんですね、昔懐かしい紙芝居です。

あちこちで見かけました。

 

ときには童話も・・・・昔の本は結構残酷で、ごんきつねもそうだけど悔しい終わり方です。

教科書に採用されていたころ、どう対処したんでしょう。

現代は、童話がどんどん書き換えられていくそうですが、そのままで考えることも大切だとおもうのですが・・・。

殺した、死んだを書き換えても、子供の成長に影響があると思えないのは、私だけじゃないよね。

切なさなんて、言葉じゃ教えられないけど、お話なら、心で理解するんじゃないかな。

例え、子供でもね。

新美南吉の童話は、このままで続いていって欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤レンガ建物を訪ねて | トップページ | 懐かしく思ったセカンドハウス・・・・ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ