« ☆コメントについて私が思っていること☆ | トップページ | 老齢年金・介護保険、65才は分かれ目の時 »

2014年4月19日 (土)

「花子とアン」見てますか~~~♪

朝の連続テレビ小説、夫はずっと見ていたけど、私はいつも流し見、何かをしながら見たり見なかったり、時計代わりにしていました。

それが、「あまちゃん」から嵌ってしまって夢中に、そして「ごちそうさん」でピーク、もうこれで御仕舞いにしようと思っていたけど、何ということ、私としたことが連続でまたまた夢中に、そりゃそうよね、大好きな「赤毛のアン」の翻訳者村岡花子のお話だもの、そうなるのは、初めから分かっていました。

 

アンと花子です。

 

花子さんがいなかったら、あのとっても楽しい小説「赤毛のアン」にも巡り会えなかったわけですから、日本の少女に夢を与えてくれた素晴らしい女性ということになります。

私も、小学生から中学生まで、このお話に嵌ってしまい、友達とあーやらこーやら話が弾みましたね。

アンシリーズを読破するのが、私たちの目的でした。

読んだわよ~~赤毛のアン、アンの青春、アンの愛情、アンに娘リラ、アンを巡る人々、・・・・・・etc。

 

カルピス劇場の「赤毛のアン」も見てましたね。

もう、充分に大人で、いや子持ちで、子供が見てる番組でしたけど・・・ね。

今も、BSで再放送されています。

 

Cocolog_oekaki_2011_10_17_19_11

2年くらい前にアップした画像、また使わせてくださいね。

この時は、映画の「赤毛のアン」をテレビで見たときです。

 

吉高由里子さんが、花子を演じると聞いてどうかな?と思ったけど、頑張ってますね。

だって、会話に英語が多く、覚えるのもたいへんだと思うけど、今のところ私の目では文句なしです。

ケチというか難点というか、あるにはあるんですよ。

それはナレーション、朝の番組だと言うのに、あの上ずった汚い声は無いでしょう。

もう耳が拒否反応を起こしています。

美輪明宏さんが、嫌いとか言うんじゃないですよ、朝にあの声は合わないと思うのです。

なんで、彼に決めたんだろうね・・・せっかく・・・なんだけど・・・ね、ね、ね。

 

『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by 夏ミトン

 

半年間は楽しめそうです。

それだけでも、私には幸せな時間なんですよ。

 

ちなみに私って、格好つけてもしょうがないから言うけど、結構なテレビ好き人間なんですよ。

今日はあれ見よう!

一応決めて、それに合わせて行動しています。

ながら・・・・視聴でもありますが。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  

« ☆コメントについて私が思っていること☆ | トップページ | 老齢年金・介護保険、65才は分かれ目の時 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆コメントについて私が思っていること☆ | トップページ | 老齢年金・介護保険、65才は分かれ目の時 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ