« 時には愚痴りたいものだけど・・・・・ | トップページ | 珍しく「産業まつり」にでかけたけど・・・ »

2014年10月11日 (土)

いじめっ子、いじめられっ子

今日も娘より、電話がかかって来ました。

何時ものことかな?って思ったら、今日は孫の事。

 

孫のひーちゃん、少しおデブで発音もイマイチ悪く、会話がスムーズではありません。

その上、筋肉が発達していなくて、運動があまりできません。

保育園の頃は、発育障害があるとかで、相談にも行っていました。

そういう子って、いじめの対象になるんですね。

 

お姉ちゃんのあーちゃんが、学校の帰りに、たまたま現場に遭遇したそうで、ママに話し、学校の先生にも話しました。

いじめられた内容は、悪口、石を投げる、唾をかける・・・ようなこと。

そうしたら、ひーちゃんの担任から、家に電話があり、

「実は、先日も二人が殴り合いのけんかをしていて、理由を聞いたところ、ひーちゃんがいきなり殴ってきたと、R君(いじめた子)が言ったそうで、先生はR君は、手を出すようなような子じゃないですよ。」と娘に話したんだそうです。

違和感が・・・・・・娘の心の中に生まれたんですね。

そりゃーそうでしょう。

これが初めての事ではなく、今までにもあり、娘が直接R君に注意をしたこともあったのですから、その時のR君の態度に、怖くなったとさえ言っていました。

それにひーちゃんだって、理由もなく殴ったりしません。

ひーちゃんは、口で太刀打ちは出来ないから、ののしった言葉に腹を立て、向かって行っただけなんです。

「ぶた!死ね!」とか言われたんですって。

だから、分かって欲しく・・・・・・

先生に手紙を書いたから聞いて欲しいと、電話で読み上げたのです。

分かりやすく、文章にまとめてありました。

 

モンスターペアレントに思われんかね?

そういう問題じゃないでしょう、親が中に入ってあげられるのは、今しかないんだよ。

 

私も娘に言いました。

甘ったれだから、自立するよう育てなさい。

お腹が痛くなるほど、食べさせるな。

運動、マラソンでもさせなさい。

 

いじめられない子供に、育てなきゃね。

 

Img_0300


                                              

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

« 時には愚痴りたいものだけど・・・・・ | トップページ | 珍しく「産業まつり」にでかけたけど・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時には愚痴りたいものだけど・・・・・ | トップページ | 珍しく「産業まつり」にでかけたけど・・・ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ