« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »

2015年4月18日 (土)

携帯でもこんなことがあったのよ・・・物語

晴れ、暖かい春の日。

あちこちで、咲き乱れる花に遭遇、うん、バッチグーな季節だ!

 

                     

 

車でも、散々な思いをしたけど、もう一つ携帯電話でも、おかしな思いをしてきました。

それは、珍しく社員として勤めていた時。

ある日、私がセカンドハウスにいるときに、書留郵便が届いたのです。

差出人は裁判所。

訴えられていたようです。

私が知ってしまったということで、彼は慌てふためいて、その理由を話しました。

社長が必要だというので、携帯電話を何台か彼の名前で買ったのだそうです。

名義貸しっていうんでしょうか。

その費用を払っていなかったため訴えられたけど、今は払ってあるので大丈夫なんですよ、って。

娘はその説明にも、納得していませんでした。

彼は、入社したての男、その彼に社長がなぜ携帯を買うよう頼んだのか、理由はすぐわかりました。

友達が携帯会社で働いてるから、安く買えます・・・・って売りこんでいたんです。

いつでもそう、自分を売り込んでいるようで、実は利用されているんです。

社長が、代金を払うのが遅れたことの理由は分かりません。

   

その会社には、数年前に解雇されたのですが・・・・2~3年前かな。

 

今でも、社長のお詫びの意味もあって、タダで携帯電話(スマホ)を使わせてもらっているというんです。

その携帯の使用料が、月5~7万ほど、もう1年以上続けています。

多分、訴えられた金額はすでに超えています。

毎月、請求書は来るけれど、支払いは社長がしてるというんです。

こんなバカな話ってありますか?

私は、まったく信用していません。

 

携帯こぼれ話もう一つ。

携帯電話を持っていないとき、どうしても携帯が必要ということで、娘の名義で携帯を買いました。

彼は、ブラックリストに載っているため、自分名義で買うことが出来ません。

その時も、無茶高い携帯使用料、20万近くの料金を滞納して、娘が訴えられました。

その費用は、分割で払うことになり・・・・いつもそうです。

(結婚した時の延滞料金とは別です)

 

彼との10年の結婚生活、もう終わりにしなければって、親じゃなくても思うと思いますよ。

理不尽なことに、耐える苦労などしなくてもよいことです。

 

私がこうして書き上げることに、娘は心配をしています。

あーちゃんが読むかもしれない。

私は、あーちゃんが読むことは想定しています。

もう中学生、分別は分かると思っています。

考えてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生最後の食事は「おにぎり」がいいんだって!! | トップページ | それでも自分が悪いと思っていない・・・・・物語 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ