« 悔し涙を流した・・・・物語 | トップページ | 隣の芝生が好きらしい 困ったちゃん♪ »

2015年4月29日 (水)

別れることでもめる親と 子供の気持ちは・・・・・・・・物語

昨日、靴が履けるかと、痛い足を突っ込んでみた。

違和感があるけど、大丈夫じゃん

これなら、娘たちが来る土曜日までに3日ある、完全とまではいかなくても歩けると思います。

爪は紫だから、死にかけかもしれない・・・・。

実はね、5年ほど前に一度剥がしてる爪、懲りんとよくやるね。ヽ(○´3`)ノ

 

 

顔を合わすせっかくのチャンスだけど・・・・・

話し合う時間があるだろうか?

娘は、孫の前で別れることに関連したことは、話したくないと言う。

下の子は神経質で、考え過ぎると頭が痛くなるようだ。

そういえば、言葉が遅く思っていることが伝わらなかったとき、おでこを床に何度も血が出るほどぶっつけて、親に心配かけた赤ちゃんだった頃。

そして今は・・・・・

婿といる時間が長く、かなり洗脳されているようで、今回こちらに来ることも、「パパとどこかに行きたかったな~」などと言ってるようだ。

離婚届の用紙なんかもらってきたら、

「僕が、破いちゃう!」と誓言。

 

Img_3710


確かに、親の都合で離婚をするということは、子供にとって一大事だと思う。

子供らしく、阻止しようとすることは、小学校高学年ともなれば、ある意味当たり前かもしれないが、状況を理解することも、出来る年齢だ。

両親の不仲を、日常見ていれば、その原因を考えてもいい。

このままで、家族を続けることが、彼の目で見て幸せなのか、考えてくれないだろうか。

母親の悲しみが分からないはずがないと思うのだが、今の彼には父親しか見えていない。

 

Img_3714


                                              

とにかく、話し合わなければ前に進めないのだから、私たちの希望も、娘の気持ちもすべて出して、相手方が応じないときには、弁護士に相談する、そこまで進めたいと思う。

 

また、借金が出てきた。

生活のためというけど、娘に相談もせず作った借金は、その責任まで追わなければならないのか、疑問。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

« 悔し涙を流した・・・・物語 | トップページ | 隣の芝生が好きらしい 困ったちゃん♪ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悔し涙を流した・・・・物語 | トップページ | 隣の芝生が好きらしい 困ったちゃん♪ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ