« 僕は助けてくれなかった・・・・・・ | トップページ | 夫のことで心配かけまして・・・・ごめんなさい! »

2015年12月 4日 (金)

夫が壊れた・・・・・???

セカンドハウスから帰った夜の丑三つ時。

何時ものように、ソファで寝ていた私は、夫の声に起こされました。

 

「大変だ!泥棒が入った!」

 

二階の窓の錠が外されていて、時計が盗まれたと大騒ぎ。

全ての部屋を見て回り点検、懐中電灯を持って外回りも・・・・・私に、ぼ~~~っとしてないで、しっかりしろ!と激励してね。

 

その時計、娘の部屋(今は夫が使っている)に掛かっていて、娘がいた10数年前に故障、ずっと動いていなかったのに、そんなもの誰が盗む?

我が家がいくら貧乏だって、壊れた時計より財産価値があるものはたくさんあるよ。

燃えないごみを貯めてる袋を見たら、そこに入っていました。

たぶん、私が居なかったときに、夫が片づけたようです。

 

私が時計を手に持ってるのを見て、「どこにあったんだ!」と夫が言う。

時計を外したことも、捨てたことも、まったく覚えていない。

お前がやったのか?

私ね、時計に手が届かないのよ。

 

 

 

夫が慌てて走り回るのを見て、私、怖かった・・・・・・・・・

この人、壊れたの?

 

ベッドに戻り、寝むりについたけれど、

翌朝、私は寝坊した・・・・・・・

 

 

 

Img_0775


公園の紅葉

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

« 僕は助けてくれなかった・・・・・・ | トップページ | 夫のことで心配かけまして・・・・ごめんなさい! »

夫との日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕は助けてくれなかった・・・・・・ | トップページ | 夫のことで心配かけまして・・・・ごめんなさい! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

お気に入りブログ