« どこにでもいる夫婦の普通の日常だね、きっと・・・ | トップページ | 「出雲そば」とどきました~~~♪ »

2016年3月11日 (金)

LIVEで見ていた「あの日」・・・・・5年の歳月

5年前の今日、私は何処にいたでしょう?

もちろん、セカンドハウスでくつろいでいました。

3月12日があーちゃんの誕生日、毎年、この日を挟んで数日は、石川に滞在が私の年間行事になっていましたから。

あーちゃんが学齢に達しないまでは、夫も一緒に来てたけど、だんだん足が遠のいてしまったわ。

5年前のこの日、やっぱり夫はお留守番してたな。

 

地震は、離れた土地なのに揺れたんですよ。

でも、地震の軽い揺れは、慣れてしまっているので、さして心配もしていませんでした。

その後のつなみ、ちょうどミヤネ屋を見てたんですね。

画面がかわって、緊急放送が・・・・・・・・。

まさかね、あんなに堤防・港に押し寄せ登っていく黒い波など、私にとっては想像を絶するもの、目が離せなくなりました。

家が流され、車が流され、その光景が恐ろしくて、体が震えます。

 

結局、翌日の朝までテレビを見続けました。

どうなってしまうんだろう・・・・・と。

 

「あの日」から数日間、日本はパニック状態でしたね。

政治家も、新聞もテレビも、未曽有の災害に慌てふためいて・・・・・

なにしろ、地震だけでも大きいのに、津波、放射能漏れと続きましたもの、三重苦です。

5年たって、復興したのでしょうか?

地震と津波だけなら自然災害だもの、悲しみは大きいけどいつか立ち直れます。

でも、

放射能汚染は、町も村も崩壊させました。

人口は、戻りません。

5年は、人にも町にも大きい変化がありました。

 

私に出来ることは、何かあった時に協力、そして「あの日」を忘れないことだと思います。

風化しちゃいけないですね。

    .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.                                         

 

ここ数年は、お誕生日でも行くことはありません。

プレゼントだけ。

あの時、私はS状結腸がんを手術した翌年、命の儚さを感じていました。

それが今。

夫のがんに、同じ思いをしています。

5年は、変わっていないようで、普通の暮らしでも変化はあります。

実感しています。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

« どこにでもいる夫婦の普通の日常だね、きっと・・・ | トップページ | 「出雲そば」とどきました~~~♪ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どこにでもいる夫婦の普通の日常だね、きっと・・・ | トップページ | 「出雲そば」とどきました~~~♪ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ