« 爽やかな朝に | トップページ | 年金生活者の理想的なブログだった »

2016年5月19日 (木)

おじいさんとは・・・・・・・

今日は、抗がん剤治療が順調に進めば退院する日です。

何時も、終わる頃に気持ち悪くなるんですよね。

今回はどうかしら・・・・・・

 

夫も、世間で言えばおじいさんですが、今まで何度か入院していた4人部屋で、とんでもないじいさんが、かなりいたんですよ。

今時ですから、大声で携帯をかけるのは当たり前。

話のついでに、演歌を歌いだす人も。

トイレを汚しても知らんぷり。

一番ひどかったのは、四六時中緊急ベルで看護師さんを呼ぶ人。

「煎餅を取ってくれ。」

「家に電話をかけろ。」

「ラジオを入れよ。」

「チャンネルをかえろ。」

忘れてしまったけど、私がいる間も看護師さんが部屋から出ると、すぐベルを鳴らす、それも、まったく緊急性のないことばかり。

夫が言うことには、夜も深夜もずっとだそうで・・・・・

こんなじいさんは、個室に入ってもらわねばね。

看護師さんと、介護士さんは違うんですよって、言ってあげたいわ。

  

同室の患者さんに迷惑をかけるのも厭わない人、いるんですよね。

 

夫は、同室の方に迷惑をかけないマナーは守ります。

でもね、私には持論をぶっつけてきますよ。

例えばこんな事。

「病室に家庭を持ち込むな!」

夫は、病院食はほとんど口に合わなくて食べられないので、食事は断っています。

だから、ごはん・おかず・和え物・漬物など、私が用意してあげると、これに先ほどの言葉を浴びせてくるんですよ。

パンと牛乳、おにぎりと漬物、それでいい。

入院してるのに、そんなに食べられると思うか?

栄養を摂って欲しいと思っているのに 「・・・・・・・・・・」です。

 

Img_1349


PCの横でまったり、私を見ているきたろう。

 

 

「お前、後ろから見ると肩から二の腕が相撲取りみたいだな。」

こんな酷いことを言われても、夫を見舞うわたし・・・・です。

褒められたことなんか無いのだから、今さらね~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

« 爽やかな朝に | トップページ | 年金生活者の理想的なブログだった »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 爽やかな朝に | トップページ | 年金生活者の理想的なブログだった »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ