« とうとう踵が化膿しだした・・・・・・・ | トップページ | 手足症候群が酷くて歩くのが不自由になった・・・・・ »

2016年9月 6日 (火)

母娘三代で映画を見に行く  「君の名は」

すごい前評判らしいです!

客足もいいんだって・・・・

 

娘も孫も見たいと言ってるので、母娘三代肩を並べて観賞してきました。

 

 

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

 

私たちの年代なら、

♪君の名はと尋ねし人あり~~♪

と言う、主題歌が思い出されるけど、全くの別物です。

 

山奥に住む三葉と、東京に住む瀧が、夢の中で入れ替わる物語。

そこへ、彗星の落下などをからめて、ファンタスティックに物語が進んでいく。

夢は、朝になれば忘れてしまうけど、その証拠は、手のひらに書かれた文字に残っている。

三葉は、東京の瀧に会いに行く。

会ったこともないのに、満員電車の中で瀧が分かった三葉は、客に押し出された電車の外から、やっと分かって手を出してきた瀧の手に、髪を縛っていた組みひもを渡す。

そして、三葉の町に彗星が落下して、もう夢で会えなくなる。

夢で見た景色から、場所を突き止め、                                                  大学生になった瀧は、組みひもを手首に巻いて山奥に会いに行くけれど・・・・・・

そこは、彗星の落下跡しかなかった。

 

メインはこんな話。

ここに、お互いの生活、家族、友人などが絡んだストーリが描いてあります。

 

今、就職活動真っ盛りな瀧。

電車の窓越しに、懐かしい女性の顔を見かけます。

追いかけて、すれ違いざまに振り返ったその目には、お互い涙がこぼれていました・・・・・・・・・end。

 

前編、流れる音楽も良かったです。

 

 

 

三代で見た「君の名は」、それぞれの見方をしていただろうけど、底辺にある純粋な思いは、変わることなく受け止められたと思います。

世代が違えども、そこは一緒ね。

 

私ね、娘と一緒に映画を見たの初めて、子育ての頃、映画館なんて行ったことなかったわ。

孫とは、当然初めて。

時間を共有するっていいね。

 

 

映画代金は、シニア1100円、中学生1000円、娘誕生月だったので1700円のところを1000円。

安くあがってよかったわ。(大蔵省としてはね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« とうとう踵が化膿しだした・・・・・・・ | トップページ | 手足症候群が酷くて歩くのが不自由になった・・・・・ »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とうとう踵が化膿しだした・・・・・・・ | トップページ | 手足症候群が酷くて歩くのが不自由になった・・・・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ