« お出かけ前の夫婦 | トップページ | 我が町のお祭りで~す♪  今年のゲストは「たんぽぽさん」 »

2016年10月 8日 (土)

夫の「昔帰り」

 この頃、少し気になることが・・・・・

 

 夫の言葉のことなの。

私たちが出会った数十年前は、当然の事、名古屋弁交りの標準語でした。

 

 60才を少し超えた頃からか、広島弁が目立ち始めたの。

夫は、広島県出身ではなく住んだこともありません。

夫は、島根県西部の出身です。

 

が・・・・・・・・

語尾に、「けぇ」や「じゃけぇ」がやたら付き始めたんですよ。

 

夫の説明によると、毛利氏の国替えによって、山口県北部(長州)と、島根県西部(石見)は広島弁が公用語になった歴史があるそうな。

だから、子供の頃はみんな、「のうのう」「けぇけぇ」言っていたらしい。

 

 もう一つの理由は、

夫の故郷に、「竹馬の友」と言える親友が居て、最近よく長電話をしています。

話は、たわいもないことが多く、お互いの健康を気遣ったり、同級生の消息だとか、聞いていると、まぁ~広島弁のオンパレード。

 

これって「昔帰り」ってことかしら?

 

 今も夫が、キタロウに話しかけています。

「おーキタロウ、おぬしゃええ仔じゃのう。キタロウは、ええ仔じゃけぇ。」

 

                              .何がいい仔なものか・・・・・・・

 

 

Img_1568


きたろうじゃない・・・・・

ふてニャン君です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« お出かけ前の夫婦 | トップページ | 我が町のお祭りで~す♪  今年のゲストは「たんぽぽさん」 »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お出かけ前の夫婦 | トップページ | 我が町のお祭りで~す♪  今年のゲストは「たんぽぽさん」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

窓口で~~す♪

無料ブログはココログ