« 夫が入院  熱も高いそうだ | トップページ | 病院にて更新します。 »

2017年1月29日 (日)

主治医の話は・・・・不覚にも涙がこぼれる

朝、8時半ごろ、主治医から電話がありました。

「直接、話したいことがあります。」

 

 

病室の夫は、枕がずれ寝苦しそうな顔をしていました。

直してあげたけど、私が分かっていたのだろうか・・・・・・。

顔の表情が読み取れない。

 

主治医とのお話。

意識障害が出ています。

がんが、体全体に広がっています。

肝臓にはがんが一杯、胸水、腹水も出てきました。

血液検査の結果は、腫瘍マーカーは少しあがっていました、他の上がってはいけない物、下がってはいけない物、も微妙。

貧血は異常に低かった。

 

私には、細かな説明は、分からなかったけど・・・・・

ただ、別れの日は、確実に近づいています。

悪い方に傾けば、今日明日にも、そうでなければ一週間後くらい。

主治医はそうおっしゃいました。

 

堪えましたよ・・・・・でも、涙がでてきます。

 

間に合わないかもしれない、という主治医の言葉に急いでお義姉さんに連絡をしました。

明日、広島より来るそうです。

娘は、今日夕方にこちらに着きます。

個室に入ったので、ゆっくりとお話ができます。

「おとうさん、個室だよ!」

うん、てうなづいたような気がしました。

 

 

3時間ほど家に帰って、掃除と洗濯をしました。

夫の調子しだいの、掃除だったからね。

しばらく娘家族が、そしてお義姉さんが泊まるかもしれないから、せめて掃除機だけでものいい加減ですけど、しないよりはマシだものね。

 

夕方5時に病室に戻ります。

疲れるけど、寝られる時間は休養にあてようと思っています。

私は大丈夫、頑張れるよ。

 

応援が、嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 夫が入院  熱も高いそうだ | トップページ | 病院にて更新します。 »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夫が入院  熱も高いそうだ | トップページ | 病院にて更新します。 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ