« 連絡します。 | トップページ | 主治医の話は・・・・不覚にも涙がこぼれる »

2017年1月28日 (土)

夫が入院  熱も高いそうだ

夫は、朝から眠ったまま起きません。

何時もなら、痛いと訴えるのにそれもなし、口を開けて小さな寝息を立てています。

 

お昼に食べる「クリームシチュー」が出来上がったので、夫を起こしたんだけど、起きてくれないんです。

手を引っ張っても、嫌がって・・・・布団を掛けてあげたらまた寝てしまいました。

 

何か、話すのだけど呂律が回らなくて、あ~あ~あ~と言ってるだけ。

どうしちゃったのよ~~。

 

 

火曜日が診察の日だけど、こんな調子じゃそれまで待てなくて、病院へ電話をかけました。

連れて来てくださいと言われたけど、私は車も運転できないしどうしようと話したら、救急車にお願いしてくださいと。

それで、119番に電話をしたのです。

 

救急隊員の方は、とても親切でした。

 

 

夫の検査に、2時間ほど掛かり、病室に案内されて1時間。

私は、椅子に座ったままひたすら待ちました。

主治医に連絡がついたそうですが、今日は不在のため、検査結果を伺うのは週明けになると思います。

私の前に来る時、夫は何時も寝ていました。

 

ベッドの敷布団をエアーマットに交換し、夫を寝かせてくれたけど、夫はもう寝返りも出来ないみたい、寝ながらも手を妙な格好に動かしています。

 

疲れてしまって、椅子に座っているだけでも体が怠いので、暗くなる前に帰って来ました。

「帰るね。」

夫は分かったのかどうか・・・・私を見ていたけど、手を握ってから病室を出ました。

 

明日から、また病院通いの日々が始まります。

 

主治医の話を聞いたら、その話如何によって、夫を個室に移そうと思います。

個室なら、私もゆっくり一緒にいられますものね。

夫も、個室に入りたがっていたんですよ、叶えてあげなくちゃ・・・・。

でもね、元気になるんだったら、退院しますよ。

個室よりも家が一番よね。

 

 

 

たくさんの方が、応援してくださって心強いです。

明日から、転ばぬように駅に向かいますね。

私は、大丈夫だよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 連絡します。 | トップページ | 主治医の話は・・・・不覚にも涙がこぼれる »

夫のS状結腸がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連絡します。 | トップページ | 主治医の話は・・・・不覚にも涙がこぼれる »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ