« 昨日のコメントへのお返事です   ☆ふぐ干物・水餃子スープ☆ | トップページ | 口うるさいおばあちゃんではないですよ   ☆鮭のホイル蒸し☆ »

2017年11月 9日 (木)

良い人でも優しい人でもないわけで・・・   ☆和風ハンバーグ☆

雲が多い日です。
 
昨日は、雷さんも鳴って、北陸の冬らしくなってきました。
もうすぐ、本番?
 
 
 
キツいコメント、温かいコメント、ありがとうございました。
 
私も、書かなくてもいいことを時々書いちゃうんですね。
気分も、毎日一緒じゃないし、知らんぷりも出来ることが、妙に気に障ったり、そんな日もあります。
 
小池さんの、「その一言が命取り」みたいなことが、私にも起こることもあるわけで、今回も痛い指摘を受けちゃいました。
まぁ、どこかで表に出さなきゃ、胸のしこりになります。
 
この場所(ブログ)は、よくも悪くも私をさらけ出す、もっとも私らしいところ。
 
善良な人でも、優しい人でもなく、怠け者で気が強く、早口でまくし立てるのが得意な私が、文章の端々に出ちゃうわなぁ~~~。
 
 
そこが、だめな人は・・・・・・
やっぱ、スルーしかないと思うので・・・・・・
お許しください。
 
 
 
昨日の夕食
 
Img_3177
 
豆腐を混ぜて作ったハンバーグ。
ドレッシングと、ポン酢でいただきました、さっぱりね。
私は1個、他は2個。
 
わかめと、大根の赤だし。
 
合い挽き肉340円、豆腐30円。
 
 
 
 
猫どもに、びりびりに破かれたカーテンは、新調しました。
が、カーポートの屋根が邪魔をして、陽が入る時間が短くなってしまいました。
 
観葉植物は、可愛そうに葉先がありません。
猫に毎日かじられています。
 
相変わらず、孫の手を持って、追っかける毎日。
 
夫の写真が、そんな私を笑っています。
 
「元気に、長生きしろよ。」そう言ってるかしらね。
 
 
 
Img_3183
 
赤ちゃんゆりかごで、仲良く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 昨日のコメントへのお返事です   ☆ふぐ干物・水餃子スープ☆ | トップページ | 口うるさいおばあちゃんではないですよ   ☆鮭のホイル蒸し☆ »

ここから始まる暮らし」カテゴリの記事

コメント

ちるみさん、おはようございます!

ここ数日お邪魔しないでいたら,またまたブログ記事が賑わしい事になっていて驚きましたけと大丈夫ですか~?
少しは落ち着いたでしょうか・・(笑)
私は、ちるみさんとはブログ内だけのお付き合いで会った事も無いのだけれど長い間、記事を読ませて貰ってる中で、ちるみさんの良くも悪くも性格や考え方とかは、ある程度、理解しているので批判コメントを拝見して少し驚いたんだけど、ちるみさんの家族の出来事や歴史をあまり知らない人が分かった様な事を言って自分の正義みたいな物を振りかざして批判してるのを見てると腹立たしい気持ちになるんですよね。
皆さん言われてる通り嫌なら読まなければよろしい事ですから、ちるみさんも気にせずに今まで通り自分の思った事を書いて下さいね~応援してるからね!

貴女のブログなのでどんな意見を書いてもそれは貴女の勝手、自由。そのとおりと思います。
ただ批判的な(?)コメントを寄せた方々のご意見は、客観的に見て非常に的を得たものでしたので、どうぞ、「お孫さんへの対応」については是非考え直してみてください!!
お孫さんが涙された日以降も貴女と仲良くされていることは喜ばしいことです。しかしながら、だからといって、貴女に言われたことが彼女の中で消えてなくなっているわけではありませんからね。
私も幼い頃から、家族内での人間関係のいざこざに巻き込まれて育ちました。その時もなんとも言えない理不尽な気持ちがしましたが、もう50台になった今もその時の悲しみ、苦しみを鮮明に思い出します。

仲良しニャンコのきたろう君は いつも やさしいお顔してますね~
癒されます
猫ちゃんが 観葉植物の葉っぱを食べちゃうってことですが
なかには 毒なものもあるかも?
我が家に猫を飼ってた時は 猫ちゃん用の草を食べさせてあげてました
種から育てるものもありましたよ ペットショップで300円くらいで売ってます
猫ちゃんは 自分で毛をなめて毛づくろいしますから胃の中にたまった毛玉が
つまらないよう吐き出す為に 草を食べさせるんじゃなかったかな?
草を食べなくても ちゃんと吐き出す仔もいますけどね
草を食べてくれない猫ちゃんもいるみたいですが 観葉植物の葉っぱを食べちゃうんなら好きかもしれませんね

ブログは何を書こうと本人の自由です。
でも世界に向けて発信している訳ですから色々な人が目にする事はご承知だと思います。
嫌なら読まずにスルーすれば良いのと同じくらい
ご自分にマンセーしてくれる書き込みだけ読みたければ仲良しの人にだけ
読めるように鍵をかければ良い訳ですから。

ちるみさんだってその事を充分ご存じだからこそ公開しているのではないでしょうか?

ただ過去どんないきさつがあったであろうが、ここに書けない事があろうが
お孫さんに取った態度は酷いと思ったので書いたまでです。
仲良くやっていると思っていても、私の様に大人になっても祖母を恨んでいる
そういう人間もいますよ。と言うことで。もちろん表面的には普通に接していましたが。
心の底から祖母を軽蔑していました。

お孫さんたちがそうならない事を心から祈ります。

この場を荒らす気持ちはありませんが、ブログと言うものをWEBと言うものを激しく勘違い
されている方が多いので一言言いたくなりました。


こんばんは。
腰痛、少しはよくなられましたか?
タビちゃんは、猫ちゃんらしい可愛い顔だちですね。
きたろう君・・・なんとも言えない味のある表情(^^)
本当に癒されます。
ちるみさんのブログは、このままが素敵です。
明日はフィギアスケートですね(^^)
羽生選手の怪我は気になりますが・・・。

私は6人家族でした。両親と私を含めた4人の子どもたち。父は職人でした。職人気質とでもいうのでしょうか、気分が乗らない仕事はしない、たとえ単価が安くても、気分が乗れば損得を度外視してのめり込む、そしてお金にルーズ....。母は、そんな父を「うちの長男」と呼んで、おだてたり叱ったりしながらうまく扱ってきました。少なくとも長女の私には、そう見えました。ちょっと子どもっぽい父としっかり者の母。でも仲のいい家族でした。

そんな我が家が変わったきっかけは、近くに母の母、つまり祖母が引っ越してきたことです。数軒先の貸家が空いたので、その前年に祖父を亡くした祖母は、心寂しくて娘の近くで暮らしたかったのでしょう。私が中2の夏でした。

祖母が父を嫌っていたのは、子ども心にずっと感じていましたが、近くで暮らすようになって、それをあからさまに表すようになりました。母がパートをしている間、祖母はうちに来て妹たちと弟の世話をしていましたが、折に触れて父のことを悪く言いました。「そんなこと言わないでよ」と言う勇気も度胸もない私は、ただ黙っているだけでした。そして、祖母の機嫌が悪いと父の悪口が増えるので、祖母の機嫌を損ねないように気をつかっていました。母も祖母が子どもたちを見てくれて、夕食どきにはおかずを運んでくれるので、私には「困ったね」と言いながら、祖母には何も言えませんでした。

父は仕事の端境期には家にいましたので、祖母が孫たちに話すことが聞こえていたはずです。次第に両親の間にすきま風が吹き始め、私が高1の時、離婚しました。離婚にあたっても、祖母が「あんな男、別れてしまった方がずっと身のためだよ」と母に何度も言うのを耳にしましたし、私たちにも「あんなお父さんならいないほうがましだよ」と繰り返し言いました。母は子どもたちを引き取り、生活保護を受けながら私たちを育てましたが、妹の一人は精神的に不安定になって何度も自殺未遂を繰り返し、もう一人の妹は高校に入学直後に妊娠し、中絶した後家を出ました。そのストレスもあったのでしょう。母は3年前に子宮ガンになり、手術と抗がん剤治療で入退院を繰り返し、今も寝たり起きたりの毎日です。弟はそんな家が鬱陶しいのか、まったくよりつかない有様です。母の手術の日、弟と控え室で待っていた時、弟が言った言葉が忘れられません。

「俺たちなんなんだよ、って感じだな。俺さ、ばあちゃんがおやじってとんでもないやつだっていうのをいっつも聞かされてたから、そんなおやじと血が繋がってると思うと、自分がいやでいやで仕方なかったよ。あんなおやじの息子だから、つまらんやつにしかなれないだろうってね。でもまあ、上等じゃないけど、刑務所に入ったりしてるわけじゃないしな。たとえ刑務所に入ってもおやじはおやじだけどさ。最近さ、ばあちゃんがうちに来なかったらってよく思うよ」

ちるみさん、そのままで大丈夫です(^^)
孫の立場…娘の立場…そして祖母の立場いろんな方からの考えが書き込まれていますが、これが正解、は無いと思います。家庭環境も人それぞれですからね。
ちるみさんのとりまく環境については、過去記事に書かれていない部分もたくさんあって本当に複雑な状況なんだろうなと。何年も前の記事を読んでもこういう書き込みできるのかな…
愚痴をこぼさないとちるみさんの心が心配です。
誰かの考えを変えることってなかなかできません。それを強要してくるとか、自身の経験で辛かったからあなたは間違ってるとか、そんな人はコメ欄使って自分を発散させてるだけかと。心ないコメは削除で良いと思います。丁寧に返信されるちるみさん、つらいだろうなって(T_T)
やりとりもしたいからコメ欄開放されてると思いますがちょっとだけどお休みされても良いかもしれません。
お友達だけにして鍵をかける…そういうのもちるみさん好まないことも分かりますし、ネットのこと勘違いとか…何様なんでしょうね。うん。お孫さんへの対応、自然かと。何も間違ってない。

文句言ってる人、ブログ記事、ほんとの初めから全て読んでって本当に思います。最近の記事だけで判断するのは…

それでも、ちるみさん普段通りにごはんや猫ちゃん達をアップしてくださる。
本当にありがとうございます(^^)

悔し涙かどうかもわからないのに勝手に決めつけるのってどうなのって思います。おばあちゃん怖っ!て泣くのももちろんあるでしょうし。

行儀の悪さ、だらしなさ、叱るの当然で、まんまご主人じゃんって思いますしね(^_^;)家族大事にしてこなかったからこんなになってるのに。二時間の電話とか怖いわ(T_T)

本音は…娘さんもっとしっかりして!とは言いたいけれど(^_^;)

孫の立場で心が傷ついた人はもう読まなくて良いと思います。私みたいな思いをして欲しく無いということでしょうが、家族の形って本当に様々。一緒のところなんてないんだから。

ちるみさん、ひーちゃん、あーちゃんに娘さん。
お会いしたことないけれど、、、肩寄せ合って日々を精一杯生活されている。
今はそれで精一杯なんですもの、仕方ないです。娘さんのご病気もありますし、この後高校進学とか出てきますしいつかは何らかの結論は出さねばならないと思います。その時はまず弁護士の無料相談とか利用してみてくださいね。たぶん家族だけでは解決できないから…。

穏やかな日々を過ごせるよう応援しています(^^)

ちるみさん、おはようございます。
初めてコメントします。
ちるみさんが頑張って暮らしている姿には、いつも拍手を送りたい気持ちでいるものです。
但し、複雑な心境でもいます

私がどうしても拭えない疑問の問いかけをさせてもらいますね。
娘さんのお婿さんを追い出したのは、娘さんの意向ではなく、貴女がそうしたいからではなかったでしょうか。
どんなお父さんであろうとも、家族が一緒に暮らすことが、自然な姿で、子供にとっても幸せなことです。

ちるみさんは、自分が娘家族と暮らす余生の幸せが欲しくて、自分名義の家であることを口実に、お婿さんを追い出してしまった、と言ったことはありませんか?

それなのに、追い出されたお婿さんは、律義にも生活費まで送っている。
家族のことが心配だからでしょう。
私には悪い人には思えません。

ちるみさんは、もう少し謙虚になるべきではないかと。
理想は、家族の暮らしを、近くに住んで見守って力になる。
そんな生活が、母親として、祖母として、一番良い姿だと思うのですが。

書き込んでる人は同じ人かなぁ…
かなえさん、生活費になるお金を入れることを決めた頃のブログ読まれましたか?

>キツいコメント、温かいコメント、ありがとうございました。

まあまあ、これは受け取り方次第ですね。
きつくても受け入れるかどうかで、その後のあなたのこれからの人生も変わるというものです。

完璧な人間なんていません
お婿さんも 私にはそんなに悪い人とは おもえません 
ちるみさんの ブログも最初から読ませて頂いてますが
お婿さんなりに ちるみさんに気をつかわれて暮らしてましたよね
お給料が安かったり 事故ったりはしても 不器用な彼なりに一生懸命だったとおもいますよ
まだお孫さんが小さい頃の ちるみさんが年に数回こちらの家で暮らしてた頃の
気持ちを思い出してほしいですね
このままだったら お孫さん達もバラバラになっちゃいますよ
ちるみさんがいなくなった後のことを かんがえてみてください
おばあちゃんは 口を出さないで どうか家族を見守ってあげてくださいませ

こももさん。あなたはこのブログの主様では無いのですから本来書き込みをした人を批判する立場に無いと思います。荒らしと同じですよ。
貴女の仰る何様ってご自身の事なのでは?主様でもないのに。
もう少しネットの世界の事をお勉強なさってはいかがでしょう?
因みに私のこの行為も荒らし行為に当たります。

他の方も書かれていますが、世界中の誰もが読める場所にちるみさんは日記を公開しているのです。娘さんやお孫さんやお婿さんのご家族が読む事も覚悟の上で書いているのです。
ある意味すごい勇気だと思います。これだけの事が出来る方ですからどんなコメントでも平気で受け止められるのだと思います。

ホワイトタイガーさんへ

いろいろ言われることに慣れているけど、意見の押しつけはね~。
家族のことは、それぞれの経験がすべて当てはまるわけじゃないからね。

我が家は我が家のことなのに・・・。
ひーちゃんは、とっても生意気な性格で、上から物を言うことが多いの。
婿が、娘に言うのとダブルのよね。
この性格が災いして、友達も出来にくいのよ。
可愛いところもあるんだけど、時々出るその言葉が・・・娘にも同じ態度を出すのね。

私も大人げないけど、こんな性格が、婿の影響に見えてね。
普段は、仲良くしてるよ。

○○さんへ

同じコメントですね。
お返事は、前に書きました。

輝里さんへ

どう味が違うのか、買った草は食べないの・・・・。
ススキみたいな観葉植物が好きみたいですね。
まぁ、お腹を壊していないから、幸いにして我が家には猫に悪い物はないようです。
スギナは食べるので、柔らかいのを摘んであげています。

きたろう君、何時も眠たそうな顔、優しそうでしょう?
タビは、悪賢いのよ~~(笑)

それは酷いですさんへ

すべて承知で納得してかいています。

どんな方の意見も、遅くなってもお返事をしています。

孫とは、夕食の時間くらいしか接していないから、おしゃべりはするけれど、叱ったり
はしていません。
仲良くしています。

私が、軽蔑されないようにと忠告。
有り難く受け止めました。

○○○さんへ

猫たちに癒やされていますよ。
その分、手もかかるけどね、可愛いです。

ブログね、私にはこの形しか書けない。
このまま、続けるより仕方が無い。
そう思ってるの。

他の意見の方も、私のブログの読者さんだと思うのね。
それぞれ、有り難いと思っています。

麻由子さんへ

小説みたいな家族のお話ですね。
悲惨過ぎ、極端な例です。

この家に私が来たのは、私の家だからですよ。
そして、娘夫婦は2年前に離婚問題でもめていました。
婿が出て行ったのは、私の力かもしれないけど、私の借金も返さず、お酒ばかり飲んで
娘にダラダラ不平を言い、それが深夜にまで及び、娘が家に帰りたがらなくなったから。

私の家でなかったら、飛び出すことも出来たんだけどね。

そこそこの理由があります。
嫌やだったら、婿が家を借りて、家族を引き取ればいい。
私は、反対などしていません。

ただ、離婚に結論を出さなくて、一緒に暮らすことは、娘はしないと思うけど。

こももさんへ

初めにメールありがとう。
優しく応援してくださってるこももさんなのに、貴方にまで迷惑が掛かっているみたいね。
申し訳なく思ってるよ。

そうよね、家族は一様じゃないよね。
我が家はこうだけど・・・いつか、ばあばに腹が立ったと言われるかもしれないけど、人に
とやかく言われる筋合いじゃないよね。
もちろん欠点はあるけど、普段は優しく接してるよ。

正解は無いと思う。
ひーちゃんに言ったことだって、ネットのことで文句言うよとか、パパはママのことをどう思ってるのかしらね~~は言ったけど、パパのことを一番理解し仲良くしてるのはひーちゃん。
分かって欲しいもんね。

自分の経験とか、道徳的に言ってきても、分かるけど、違うかなと思ったり。

こももさん、ここだけでお返事するね。
まとめちゃうよ。

同じ人のようにもみえるけど、これだけお婆ちゃんの犠牲者もいるってことかもしれないね。
そして、今でもトラウマのようにシコリとなって残ってる・・・・・。
何も、私と重ねることはないけどね。

娘がしっかりしてれば、私も楽なんだけどね。
私には言えるくせに、外ではおとなしくて。
口も達者じゃ無いから、婿に言われても言われっぱなしなのよ。

こももさんのお気持ちは充分私に通じてるよ。
頼もしいわ。
これからも、暖かく見守ってくださいね。

かなえさんへ

何時も読んでくださってありがとうございます。

婿を家から出した理由は、読んでいたら分かってくださると思うのだけど。
離婚問題がこじれて、すごく荒れた生活に。
婿は金沢の人だけど、娘は知人がいません。
家を出たいのだけど、行くところが無い、仕事から家に帰ると、待ち構えた婿に深夜に及ぶまで繰り返し、責められる。
ご飯は、毒が入ってるからと、娘が作った物は食べない。
そんな生活が1年弱続いてんです。

私の家にいて、私の娘を責め立てる、それを有りと思いますか?

私が、見かねて来ると、遅い時間に私の部屋に来て、一方的にしゃべりまくる。
お酒やけした、赤黒い顔と血走った目でね。
その時も、私への借金が200万ほどあったのにね。

出て行って貰ったのは、必然なことです。
離婚届に判を押してくれていたら、と思います。

子供には、優しい父親だったけど、子供のために離婚を我慢するのがいいの?

そして今、子供のために離婚はせず別居しています。
口達者でくどい男ゆえ、何かあると長時間の電話攻撃に、娘があきらめちゃったんですね。

私も、理想は貴方の考えと同じだった。
そうしたいと思っていたけど・・・・・・。
婿が新婚で用意してくれた家は、滝のように雨漏りがする家。

初めから、愛情なんてない婿だったけど、私にも平気で嘘をつく婿の本性が分からなかった。
でも、ずいぶん面倒をみてきました。


なにもかも、その結果です。
私が謙虚に・・・・当たり前の行動でしたよ。
娘は、再び一緒に住む気などさらさらありません。

soraさんへ

そうですね。

婿を容認する気は、今もありません。

と言うことは、きついコメントは受け入れないってことかな。
それぞれの家庭があります。
一律じゃないです、と言うことだけ言えます。

さらさんへ

家族が仲良しで、私が婿を出した訳じゃ無いですよ。
離婚の話し合いから、こうなったんです。

結婚したとき、婿は個人破産していました。(借金で)
裁判所に訴えられていました(女性問題で)
免停でした(酒酔い事故で)
全部、嘘で固めていたから、後で知りました。
でも、過去のこととして、婿を応援していましたよ。

でも、嘘は止められなかった・・・・。

それでも、いい人に見えますか?

しらすさんへ

初めに、こももさんは私の代わりに代弁しただけだから、アラシとは思っていません。
それだけは、強く言っておきます。

婿の親も、婿にはさんざんの迷惑を被っていると思っています。
かなりの散在をさせられたでしょうから。
ただ、娘の結婚に関しては、1円の世話にもなっていません。
すべて、私たちで家財道具すべて用意しました。
婿の家の方が、我が家より豊かでしたけど。

あちらさんが知っても、どうとも思いません。
婿のことは可愛いと思ってるだろうけど、私が怒る理由も納得出来ると思います。
初めに私、婿のおかあさんに言ったんですよ。

「この結婚が幸せになるのかどうか分からない」と。
酷い相手でしたからね。

それでも、娘の幸せを願う、親として応援してきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日のコメントへのお返事です   ☆ふぐ干物・水餃子スープ☆ | トップページ | 口うるさいおばあちゃんではないですよ   ☆鮭のホイル蒸し☆ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ