« 「どこぞのお婆ちゃん」と呼ばれたい  トンカツ弁当 | トップページ | 老化と認知症の症状の違いは、これだ!  ~ミートスパゲティ~ »

2019年6月 7日 (金)

子供にここまで話す?ビックリだよ  ~豚しゃぶ弁当~

曇ってる。

今日は、雨ですね。

久しぶりだから嬉しい、だって花や野菜に水をあげなくてもいいもの。

こんな些細なことでも、無いと楽です。

                                    

                                   

今日のお弁当

                                  

Img_5961

豚しゃぶサラダ、炊き込みおにぎり、こんにゃくゼリー(毎日)

                                    

                                   

昨日夕食

                                  

Img_5958

ホッケ干物、酢の物、赤だし。

                                     

                                     

                                         

親子の間で、どこまでオープンに話すだろうか?

大抵の事は、それぞれの事情があるので、まぁ、話してしまうこともあるだろうが。

                       

これだけは言ってはいけない、そんな話もあるよね。

                            

私と娘の間でも、離婚の話で揉めてるときだって、これだけは言っちゃいけない、そんな

事柄がありました。

言ったら、悲しい思いをする人がいて、それが人間的に許されないことだから、子供には

言うべきじゃないと。

ある意味、言い争いをしてる時期でも、貶めるようなことは口を噤んでいました。

                                

もちろん、かなりのことはこのブログに書きましたが、その辺のことは触れていません。

                                 

それを元婿は、いとも簡単に恥ずかしげも無く、子供達に話していたんです。

聞いたとき、耳を疑いました。

どういうシチュエーションで、そんな話に触れる必要があったのか・・・・

                                   

                                       

娘と同時進行していた、元カノとの問題です。

酷い仕打ちをしたのに、決してきれい事にはならないのに、自分を正当化した?

娘を悪者にした?(娘は、彼女がいたと知らなかった)

そして、それを自分の子供達に話す?

                                    

私には、とても詳しく書くことは出来ません。

訴えられて、示談金を払う羽目になり、月々生活費の中から支払っていました。

結果です・・・。

                                  

娘の過去のことまでも話してるようなので、どう孫達に伝わってるのか心配です。

とにかく、口がうまいから。

                                  

「僕は、お義母さんのことが好きだし、話せて嬉しいです。お義母さん、体には

気をつけて長生きしてくださいよ。」

ホ、ホ、ホ、、、信じませんよ!

                                   

今日もひーちゃんは、父のところへ行きます。

また、どんなウソ話を聞いてくるんでしょうか?

                                    

                                  

                                   

 

                                   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

                             

« 「どこぞのお婆ちゃん」と呼ばれたい  トンカツ弁当 | トップページ | 老化と認知症の症状の違いは、これだ!  ~ミートスパゲティ~ »

ここから始まる暮らし・夕食・お弁当」カテゴリの記事

コメント

いろいろあるのはどこも同じだけれど、ちるみさんの、穏やかな「どこぞのおばあちゃん」の暮らしぶりを、ほっこりしながら読ませていただいていました。

かねがね思っていたのですが、ひーちゃんがパパと定期的に会うのはリスキーではないかと....。ひーちゃんは母親に引き取られている(いい表現ではないですね、ごめんなさい。でも他の言い方が思い浮かばなくて....)わけだから、娘さんが親権をもっているのでしょうか。子どもが18歳になるまでは、一緒に暮らさない親の面会交流権が認められているけれど、離婚に際して、父親との毎週の宿泊を伴う面会が条件になっているのでしょうか。

夫婦がうまくいかなくて離婚に至った場合、互いに相手に好ましい感情を持っていないのだから、毎週父親の所に泊まるひーちゃんが、それを聞かされるのは思春期の心にもよくないと思うのですが。。。

こんにちは。以前より拝見しています。ちるみさんの子や孫を思う気持ちに共感しつつ、毎日の奮闘ぶりに感服しております。

 初めてコメントさせて頂きます。宜しくお願い致します。
実は我が家もとても似た状況なのです。私 子ども 孫 ちるみさんのお宅とほぼ同年代です。

 息子は11年前に離婚しました。孫たちは2歳と6歳でした。二人とも男の子です。子どもは母親に親権を預け、あちらの実家にお世話になる事になり息子はこちらに戻りました。都内と近郊で行き来が楽でした。

 息子は毎月養育費を送り、孫たちが寂しい思いをしない様に不自由な事のない様にと、私も夫もそれは可愛がり慈しみながら、こちらとも密な関係の中で孫たちは育ちました。

 男の子は父親が大好きです。スポーツをしたり観戦に行ったり、映画や旅行やテーマパークやらとずっと父と共に楽しみ、褒められ叱られ成長して来ました。それに私たち祖父母も加わる事も多々ありました。

 私も20年前 大学4年だった娘を亡くし、子どもは息子だけ、孫もこの二人だけです。あちらに気を遣いながらも幼い孫たちの不憫さに涙しながら影になり日向になり懸命に接して来ました。
 幸いなことに母親が私たちをとても信頼してくれていて、孫たちもこちらが大好きだったのです。長いお休みには何日も泊まりがけで来ていました。

 息子も全て順調ではない時期もありましたが、とにかく子どもが一番を貫き通しています。それには私達夫婦の励ましや協力も大きかったのではと思います。今は高3と中2になりましたが相変わらず喜んでこちらに来ています。

 ちるみさんの状況とは少し違うかも知れません。あちらの祖父母さんとはどの位の関わりがあるのでしょう? ただ ひーちゃんはお父さんが大好き、何の打算もなく父が好き、側に居たいのですよね。
 孫たちの息子への接し方を見ていると私はその気持ちが痛い様に解るのです。こんなに成長しても父親とのしばしの別れを寂しがる子ども達です。 

 一方で、もう少しまともなら、と どんなにか悔しがるちるみさんのお気持ちも手に取るように解ります。  

 親子の情、でもそれとばかりは言えない現実の生活、本当に難しいですね。子どもをちゃんと教育することが出来るのかさえ危ぶんでいらっしゃるご心配 解ります。
 私も息子にはまず子どもの教育を一番に、と常々言っていますが、それは高等教育ばかりではなく人としての教育が勿論の事ですよね。

 ただ ひーちゃんがこんなにお父さんが好きなのは、やはり彼に取って良い父だからではないかしら? 金銭面、道徳的なこと、ちるみさんからみたら耐えられない事ばかりでしょうが 子が親を慕う その一途さが私には健気に思えて仕方ありません。

ほんとに私がどうこう等との気持ちは全くないのです。 
 ただ 我が家との類似が多く一度お話ししてみたいなぁ、とずっと思って来ました。
 関東も梅雨入りしましたが、今日は薄日が差しています。
ちるみさん 毎日お疲れでしょう。ご家族の皆さんちるみさんが一番の頼りです。くれぐれもご無理をし過ぎないよう、ご自分も労りながら暮らして下さいね。

 長い投稿になりまして、失礼致しました。

JUN.さんへ

私としては、もう父親はいろんな意味であまり出て来て欲しくないと言うのが
正直な心境です。
影響がありますからね。
一番が、口の達者さ、私がよく、あんた詐欺師になれるねって言っていたくらいだから。
しかも、言葉使いはきれいよ。

親権は娘が持って居るけど、そして、子供について何も取り決めはしてないけど、
父とひーちゃん、双方が会いたがるのですから、何も言えません。
仕方がないです。

高校生になっても、絶対親権は渡さないようにしないといけないね。
何を考えているのかわからない、父ですかね。

杏さんへ

初めまして、コメントありがとうございます。

我が家と同じ環境だけど、娘と息子が違いますね。
そして、息子さんは我が家の婿よりまともだと言うこと、そこはかなり
違います。
元婿の実家と孫の関係は、まぁ、普通の関係、とりわけ濃い付き合いでもなく、
遠慮しいの付き合いでもありません。
私は、あまり知らないけど、時々会っているかも。
元婿は、住み込みで働いています、ひーちゃんが行くところです。
この家を出されたとき、実家に帰らずに住み込みを選んだのよ。
実家には、彼の部屋はありません。
実妹が離婚して帰っていて、今は恋人がいます。(10年ほど前から)
姪は、東京で大学生。
ともに、やがて家を出るかもしれないので、ひーちゃんを跡取りにって言ったの。

元婿との対等な話は、借金を返して貰ってからしようと思っています。
今は、私の方が上の立場ですからね。

それから、あちらのご両親とは、夫が亡くなった時会いましたが、それまでもそれ以後も
合わせて10回ほど会っただけです。
よい関係とは言えないですが、離婚したしもう終わったことですね。

男の子だし、父親が好きだし、縁は切れないと思う。
でも、子供は父親だけで出来たわけじゃ無いから、跡取りは反対。
だって、一度もその家で暮らしたことないのよ。
細かいいろいろは数々あるけど、我が家で育った子だし、母親の面倒もみなきゃいけない、もっと考えて欲しいです。

親が口出しすることじゃないけど、婿のすることは、あまり感心しません。
せめて、養育費くらいは払ってもらわないとね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「どこぞのお婆ちゃん」と呼ばれたい  トンカツ弁当 | トップページ | 老化と認知症の症状の違いは、これだ!  ~ミートスパゲティ~ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入りブログ